FX テクニカル

4. FX(為替取引)の秘訣は行動心理学の用語集

  • 2018.06.24

GDP 英語ではGeneral Domestic Productの略で、日本語では国内総生産。国家の経済力を示すために一番重要とされる指標です。GNP(General National Productの略で国民総生産)とよく混同されますが、GDPは海外での経済活動、例えばトヨタのアメリカ工場は含まれません。1980年代まではGNPが重要視されましたが、工場の海外移転が進んだ現在ではGDP が国力を […]

5. FXの規範はシングルよりもダブルで、できればトリプルでの用語集

  • 2018.06.27

sell the fact(事実で売れ) “事実で売れ”のオリジナルの英語である“sell the fact”がそのまま日本語になったものです。なぜか、カタカナのセルザファクトではなく、そのままアルファベットで使用されることが多いようです。 指標が発表されたり、重要な会議が終了した直後には、すでにその事実は織り込まれている。そこがピークなので、売りで入った方がいいという格言です。 レジスタンスライ […]

6. 「FX(為替取引)で利益を上げられるトレーダー」になるための鉄則の用語集

  • 2018.06.30

ベアマーケット(ベア市場) 英語のbear、熊のことです。株式やFXなどの相場の世界では弱気、下落の市場をベアマーケットと言います。ベア市場では投資家の間に厭世観ともいうべき雰囲気が漂い、それがさらに相場を下落させるという悪循環に陥ります。熊が前足を上から下に振り下ろす仕草から名付けられました。 ベア市場には4つの段階があります。最初が、高値で投資家がハイな気分となり、売り抜ける局面です。次に、相 […]

5. FXの規範はシングルよりもダブルで、できればトリプルでの感想と解説

  • 2018.06.28

登場人物 Fさん:この人と反対に行動すれば儲かると重宝されている?いわゆる「曲がり屋」。FXの投資歴は10年以上、MBAホルダーでファンダメンタルズにも造詣が深いが、“10年間勝ちなし”のベテランFX投資家 X君:投資歴は浅いが、元ディーラーなど専門家の書籍のみを厳選して読み、その手法を取り入れることで、“3年間負けなし”の若手FX投資家。Fさんとは、某社主催のFXセミナーで出会った。 Fさん さ […]

6. 「FX(為替取引)で利益を上げられるトレーダー」になるための鉄則の感想と解説

  • 2018.07.01

登場人物 Fさん:この人と反対に行動すれば儲かると重宝されている?いわゆる「曲がり屋」。FXの投資歴は10年以上、MBAホルダーでファンダメンタルズにも造詣が深いが、“10年間勝ちなし”のベテランFX投資家 X君:投資歴は浅いが、元ディーラーなど専門家の書籍のみを厳選して読み、その手法を取り入れることで、“3年間負けなし”の若手FX投資家。Fさんとは、某社主催のFXセミナーで出会った。 Fさん 6 […]

5. FXの規範はシングルよりもダブルで、できればトリプルで

  • 2018.06.26

テクニカルも学びなさいというと、ファンダメンタルズ派からは、「あんなものはオカルトだ」などという批判を受けることがあります。ファンダメンタルズ派かテクニカル派かで議論が分かれますが、私はその両方が大事だと考えています。ファンダメンタルズ一本やりでもなければ、テクニカルを妄信しているわけでもない。FX(為替取引)では両方が使えてこそ、強さを発揮することができます。 私の経験から話をしますと、シカゴで […]