Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX脱初心者向け7社徹底比較!おすすめサブ口座【FX常勝方程式】

このページでは、FX入門者からFX初心者脱却を目指している方までがサブ口座として使用するのにふさわしいFX口座を比較しています。

 

情報収集兼売り口座にふさわしいと思われる項目から構成されたレーダーチャートによりスコアを算出しています。

 

各項目は10点満点となっています。以下に各会社のチャートとスコア、さらにはお勧めできるFX会社を項目別に解説とともに比較していきます。

1位. 外為オンライン証券:82点

 

情報収集兼売り用口座比較_S外為オンライン:82点
情報収集兼売り用口座比較_外為オンライン:82点

外為オンラインは大島優子さんをイメージキャラクターにして知られているFX会社です。情報収集兼売り用口座としては82点となり、第1位となりました。

 

オンラインセミナーではなく、無料の会場セミナーを全国各地で開催しています。

 

特に、基礎を学べる入門セミナーはもちろん、パソコンやスマホアプリの使い方のセミナーも設置していますのでITリテラシーが低い中高年や主婦の方にも安心です。(セミナー開催は平日でとなっています)。

 

また、通常は1ヶ月のデモトレードが期間無制限となっていますので、パソコンやスマホの使い方に慣れるまで実取引を始める必要もありません

 

元プロのトレーダーによる相場観などマーケット情報も充実しています。FX入門者やFX初心者向けのFX会社といえるでしょう。

 

さらに、自動取引ツールの評判も良く、システムトレード専用口座としても適していますし、スワップポイントも良くないのでポイントを支払うことになる売り専門の口座として使うとスワップポイントの支払いを低く抑えることもできます

 

以上のように、全てのFX入門者やFX初心者のサブ口座としてお勧めできます。

 

特に、個人投資家がミセスワタナベと呼ばれるきっかけとなった主婦の方や資金に余裕のある中高年の方が株式や外貨預金、投信などに加えて、リーマンショックのようなマーケットの下落に備えてリスクヘッジとして中期でドル円をFXで売る、しかも自動売買で行う際にはうってつけのFX会社といえるでしょう。

 

FX口座Pros and Cons比較分析~外為オンライン~へ

外為オンライン公式サイトへ外為オンライン

 

2位.マネーパートナーズ:78点

 

情報収集兼売り用口座比較_マネーパートナーズ:78点
情報収集兼売り用口座比較_マネーパートナーズ:78点

マネーパートナーズは、メイン口座としてはもちろん、サブ口座としてもお勧めできるFX会社です。

 

スワップ金利がよくないので、支払うことになる売りの際には反対に長所となります。

 

スプレッドも狭く、情報量も十分です。

 

100通貨単位(1ドル=110円、低リスクの5倍のレバレッジだと2200円)で手軽に始められるパートナーズFXnanoという商品も用意されています。

 

株式の信用取引を除くと、通常の株式や投信や外貨預金で分散投資を行なっていると買いが基本ですので、リーマンショックのような暴落が起きると、資産が激減してしまいます。先物取引での株価指数などの売りやFXでの売りを分散投資に加えるとリスクヘッジとなります

 

さらに、株式を時価の70%として担保として評価してくれるので、株式投資をしている方なら現金を証拠金として差し入れることなく口座を開設するだけで分散投資の一環としてFXを開始することができます

 

情報量も豊富でスプレッドもよく、最低取引単位も小さいので、資金に余裕のないFX入門者やFX初心者にはぴったりの会社です。

 

また、株式投資経験はあるけれどもFXについてまだ入門者だったり初心者だったり、リスクヘッジに関心がある投資家にとっては最もふさわしいFX会社だといえるでしょう。

 

FX口座Pros and Cons比較分析~マネーパートナーズ~へ

マネーパートナーズ公式サイトへマネーパートナーズ

2位.FXプライム by GMO:78点

情報収集兼売り用口座_FXプライム_by_GMO
情報収集兼売り用口座比較_FXプライム by GMO:78点

FXプライム by GMOは、サブ口座にふさわしいと思っていたのですが、他社と比較してみるとメイン口座にもふさわしい一流のFX会社だと判明しました。

 

サブ口座としては、まず、情報量が他社を圧倒しています。

 

毎日更新される本日の投資方針を始め、プロのポジションや相場観などを伺い知れる井戸端会議、個人投資家にも有名なマーフィー氏による毎週発信されるレポートや森好氏による毎日更新のファンダメンタルズとテクニカルをミックスした独自の戦略など、十分すぎるほどです。

 

ユーロやポンド向けにはロンドン在住の元プロのレポートも用意されています。

 

セミナーも毎週オンラインセミナーが開催され、口座を持っていれば事前に資料が配布されるので予習もできますし、過去のすべてのセミナーが視聴可能です。

 

講師も一流の方が多く、某社と並び業界最高水準といえるでしょう。

 

また、システムトレードも用意されており、中上級者向けの高度なものですが、マニュアルがわかりやすく、設定も簡単で、FX入門者やFX初心者でも十分使いこなせるでしょう。

 

情報収集用口座兼シストレ口座として最もお勧めできる会社といえるでしょう。

 

FX口座Pros and Cons比較分析~FXプライム~へ

FXプライム by GMO公式サイトへFXプライム by GMO

4位.SBI FXトレード:72点

 

情報収集兼売り用口座_SBIFXトレード
情報収集兼売り用口座_SBIFXトレード72点

SBIFXトレードは、スプレッドも情報量も業界トップクラスです。

 

最低取引単位が1通貨単位ですので、口座を開設すればドル円の場合、なんと22円(1ドル=110円、低リスクの5倍のレバレッジ)から実トレードがすぐにでも開始できます

 

また、毎月積立の外貨預金に力を入れていますので、銀行や証券会社から口座を移すだけで、より安い手数料で高い金利を獲得することができます

 

外貨預金をされている投資家や分散投資の一環、特に相場暴落に備えたリスクヘッジの売りとしてFXを試してみたい投資家には一番にお勧めできるFX会社といえるでしょう。

 

もちろん、資金に余裕のないまたは慎重な性格のFX入門者やFX初心者の方には願っても無い会社ということになりますね。

 

FX口座Pros and Cons比較分析~SBIFXトレード~へ

SBIFXトレードの公式サイトへSBIFX

5位.DMMFXトレード:70点

 

情報収集兼売り用口座_DMMFX
情報収集兼売り用口座_DMMFX

DMMFXは、口座数は国内第1位の人気FX会社ですLINEによる24時間のサポート体制、スプレッド、情報量、売り用スワップ金利など、他社と比較しても全てが業界トップクラスとなっています。

 

セミナーを用意していませんが、正直に申し上げれば、情報口座として開設した他社口座のセミナーに参加すればいいわけです。シストレもありません。

 

しかし、メインの項目では卓越しており、中長期投資用など2番目の口座としては最もお勧めできる会社の一つといえるでしょう。

 

特に24時間のLINEによるサポート体制はFX入門者やFX初心者にはありがたいサービスです。

 

FX口座Pros and Cons比較分析~DMMFX~へ

DMMFX公式サイトへDMMFX

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。