Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者が心がけるべき性格に合った投資手法の比較

FX入門者〜脱初心者が心がけるべき性格に合った投資手法の比較

今回は、FXに合った性格とそうでない性格、ご自分の性格に適した投資方法をとるべきだという話です。FX入門者から、初心者、初心者を脱したいと思われている方向けに易しく解説してあります

 

為替(FX)相場は、政治や経済、あるいは天災など、さまざまな要因で変動します。その動きを予想するには、それぞれの要因がどのように相場に影響するのかについて考えることが必要です。

 

そのため、好奇心が強く、あらゆることに対して「どうしてこうなるのだろう?」と追及するのが好きなタイプの方は、FXに向いているといえます。

 

また、一見為替とはなんの関連もないような話題が、「風が吹けば桶屋が儲かる」のような形でつながっていくうちに、為替(FX)相場に影響することがあります。好奇心に加え、想像力も持ち合わせていると、まさに鬼に金棒と言えるでしょう。

 

逆に、何事にもボーっとしているタイプは、残念ながらFXに限らず、投資にはあまり向いていないと言えるでしょう。

 

また、目先の損得に一喜一憂するタイプの方も、ボーっとしているタイプの方と同様に、 FXなどの投資にはあまり適していません

 

利益を上げられれば嬉しいし、損失を被れば落ち込むのは自然なことですが、投資の成功・失敗は中長期的視野に立って判断するものです。1年を通じて利益を出せばいいわけですから、1度の取引での損得はあまり気にしないことが肝心です。

 

感情的になりやすいタイプの方も同様に、FX向きとは言えないでしょう。



 

人間は我を忘れてしまうと冷静な判断ができないものですが、特に感情的なタイプはその傾向が強くご自分を抑えられないので、投資では大きな損失につながってしまいます。

 

興奮しやすいタイプの方は、利益を上げても損失を出してもあまり騒がず、慎重かつ冷静に取り組む心がけが必要です。

 

投資に向いていない方がFXや株などの相場と向き合うときは、こうした事を肝に銘じながらトレードを行うようにしてくださいFX入門者や初心者の方は、最初から心がけるようにしましょう!

 

FXに限った話ではないですが、投資は概して、長期取引か短期取引に分けられます。長期は「投資」、短期は「投機」的な意味合いが強いので、区別して考えたほうがいいでしょう。

 

長期投資は資産を分散してリスクを軽減し、ロングタームの収益を得ることを目標とし、短期の投機は相場の変化を見ながら売買して稼ぐことが、目的となります。

 

長期投資か、短期の投機か、どちらがいいとは断定できません。目的にもよりますし、個人の性格や環境に左右されるからです。

 

とはいっても、投機で成功できるのは天性を持った方だけです。まだ右も左もわからないFX入門者や初心者の方がスキャルピングなどを行うのはリスクが高いです。気を付けてください。

 

人間には気の長いタイプもいれば、短いタイプもいます。気が短いタイプの方は、デイトレードのような短期売買が向いています。反対に、こうしたタイプの方が長期投資をするとじっと待つことができずにイライラして、ストレスになってしまうでしょう。

 

一方、気が長くのんびりしたタイプの方は、早い値動きについていくのが得意ではないでしょうから、じっと腰を据えてできるスイングトレードのような中長期投資のほうが向いているかもしれません。

 

また、まだまだ体力に自信がある世代の方は短期売買のほうが楽しい傾向があるので、ゲームと同様に夜通し相場に張り付いてトレードを行うのも、ありかもしれません。

 

逆に、シニア世代の方は、長いスパンでものを見る中長期の投資が向いているのではないでしょうか。

 

しかし、いくら体力に自信があっても、一般のサラリーマンにとっては、スキャルピングやデイトレードをFXでのメインのトレードとするのは難しいでしょう。ここだというタイミングを逃さないためには、一日中相場に張り付いていなければならないからです。

 

いかがでしょうか。それぞれの性格や環境に合った投資スタイルを選ぶことが、重要なのです。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。