はじめに

今井雅人
今井雅人

UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)元チーフ・ディーラーであり現役時代は15年間常勝の記録を持ち、伝説のトレーダーと呼ばれた今井雅人。衆議院議員として活躍する現在も「ザイFX!」にコラムを連載、あるFXトレードコンテストでは2位に入るなど、FX業界においてはもはやカリスマ的存在となっています。

その今井雅人が、過去に5冊の書籍として出版してきた自身のFXトレード手法を、主にFX入門者やFX初心者のために、無料で公開します!! FX会社の比較FX口座開設の方法、FXから株式までトレード全般に通じる相場に立ち向かうための精神論FXトレード・テクニック、そしてチャート問題集まで!!

このサイトを熟読し、今井雅人直伝のFXテクニックをマスターすれば、FXでの勝率アップは間違いないでしょう!!!

新着記事

  • FX(為替)相場に影響を与える直接投資の解説FX(為替)相場に影響を与える直接投資の解説2018年10月17日
    登場人物  Fさん 今回は直接投資の為替(FX)市場への影響についての解説ですね。直接投資は海外に工場を設立したりM&Aなどの買収により海外の会社を傘下に収めるという資金だけでなく海外に会社を持ち、従業員を雇用するという投資のことですね。1980年代から貿易摩擦で叩かれた日本の代表的なメーカーは米国をはじめ中国や東南アジアに多くの工場を持っています。また、最近では日本企業による海外企業への […]
  • FX(為替)相場に影響を与える直接投資FX(為替)相場に影響を与える直接投資2018年10月15日
    資本取引のなかでも直接投資は、ある意味貿易取引に近い性格をもっています。工場を設立するための投資、国境を超えたM&Aのための投資などは、基本的に長期的な視野に立っての投資になるため、短期的に為替(FX)相場を大きく動かす要因にはならないからです。これに対して、間接投資は、3ヶ月や1年というように比較的短期間の投資になることが多く、購入したモノについては近い将来に売りとなって市場に出てくるこ […]
  • FX(為替)に影響を与える投資と投機(資本取引)の解説FX(為替)に影響を与える投資と投機(資本取引)の解説2018年10月13日
    登場人物  Fさん 今回は投資と投機の為替(FX)市場への影響についての解説ですね。外国為替市場全体の93%を占める投機と投資ですが、この違いについてはもちろん理解しています。FXはスキャルピングやデイトレードが主流で数十倍のレバレッジを効かせた投機のような印象を持たれている方が多いようですが、実はプロや元プロの為替(FX)ディーラーの間ではスイングトレードが主流であり、分散投資の一環として株式や […]
  • FX(為替)に影響を与える投資と投機(資本取引)FX(為替)に影響を与える投資と投機(資本取引)2018年10月11日
    繰り返しになりますが、外国為替(FX)市場での資金移動要因としては、貿易取引と資本取引が挙げられます。「FX(為替)に影響を与える実需(貿易取引)」で触れましたが前者は全体の7%に過ぎず、重要なのは資本取引、つまり投資や投機にともなう移動ということになります。 ところで、投資と投機にはいかなる違いがあるのかご存知でしょうか。投資とは長期的な視野に立ち、元本を何らかの商品で運用することです。したがっ […]
  • FX(為替)相場に影響を与える実需(貿易取引)の解説FX(為替)相場に影響を与える実需(貿易取引)の解説2018年10月9日
    登場人物  Fさん 今回は貿易取引の為替(FX)市場への影響についての解説ですね。「FX(為替)相場の季節要因〜日本市場の特徴〜」の中で日本は輸出企業の方が輸入企業より多いので、輸出した製品の対価である外貨を円に替えるために合計すると円買い需要の方が大きいという話がありましたが、貿易が為替(FX)取引に占める割合がわずか7%しかないとは全く知りませんでした。そうなると、思ったよりもFXへの影響は小 […]

「FX常勝方程式編集部おすすめのFX口座比較」

ここでは「FX常勝方程式」編集部のお勧めするFX会社について比較していきます。FX口座開設の上で重要なポイントを列挙し、ポイント毎に各社を比較することで、判断しやすいように構成されています。ご自分の投資方法に合ったFX会社の口座を複数開設することをお勧めいたします。なお、掲載しているスワップポイントスプレッドなどの数値は2018年9月4日時点のものです。

FX会社の比較とFX口座開設方法」もご参照ください。この記事で今井先生が重視されているのは、1.実際のスリッページ約定率、2.スプレッドなどの手数料、3.システムの安定性、4,元プロの為替(FX)トレーダーによる市況解説などの情報や電話などによるサポート体制、5.スワップポイントとなっています。「FX常勝方程式」では、その他の記事の内容も鑑み、FX入門者やFX初心者の方にお勧めできるFX会社を比較し、ご紹介していきます。細かく分析してあるので、中上級者の方の参考にもなるでしょう。

FX会社のBig Picture(ビッグ・ピクチャー)

まず、上記の観点から、FX会社のビッグ・ピクチャーを見ていきましょう。その後に各社口座の比較・解説に入っていきます。通常は指標の一つとされる通貨ペア数は、ギャンブル性の高いエマージング通貨を推奨していないため、この比較表にはあえて入れませんでしたまた、FX会社の安全性という指標についても「FXの取引時間、会社破綻時リスク、取引コスト」にありますように悪徳業者は2005年に駆逐されていることと、以下に紹介する会社は全て他のサイトでも最も安全とされているため、省略致しました。反対に、この比較表にはセミナーやシステムトレードの有無が追加されています。メイン口座の比較には情報の質、セミナー、システムトレードの項目は無視していただいて結構です。どちらかというと、サブ口座の比較のために追加した次第です。

FXの中級者・上級者はメイン口座の他に、セミナーやニュースが充実した情報収集口座、システムトレードのための口座、外貨預金や中長期投資用の口座など、複数の口座を比較後、開設していることが常識となっているためです。いくつかの口座を開設・実際に少額でもいいので運用し、比較することで長年付き合っていけるご自分に合ったFX会社を見つけられるはずです。ファッションやスポーツグッズ、化粧品や香水などと同様に、FX口座においても、やはりご自分に馴染む取引画面やチャートなどのツール、信頼できると思える元プロのトレーダーらによる情報が必ず存在します。適当に会社を選んでその口座を使い続けることは決してお勧め致しませんその後のFXでの収益に大きく影響してくるからです。

また、FX入門・初心者用10の目的別口座比較というページも用意しました。ここではツールの使いやすさや約定率の安定、外貨預金からの振替など10の目的別にふさわしいFX会社の口座を比較、紹介しています。目的別に複数の口座を比較、口座開設するのに最適です。

FX入門・初心者様メイン口座比較ランキングではスリップページ、スプレッド、最低取引額など8つの項目からなるレーダーチャートによりFX会社を採点、ランキングを作成、各社を比較しておりご自分に合ったメイン口座を見つけやすくなっています。

FX入門・初心者様サブ口座比較ランキングでは情報量、売り用スプレッド金利、セミナー、など5つの項目のレーダーチャートからの比較情報収集用、シストレ用などのサブ口座を簡単に探すことができます。

また、各FX会社の口座開設のための比較解説ページにはメイン口座、情報収集やセミナーのためのサブ口座としてFX入門者やFX初心者にはどの会社がふさわしいのかを簡単に示してくれる上記の二つの比較チャートとそれぞれの総合得点も用意しました。繰り返しになりますが、ご自分の感性に合ったFX会社を目的別に複数見つけることがFX入門者・FX初心者にとって「FX常勝方程式」を身につけるための最初の鍵となることを十分ご理解の上、各社の口座比較解説を参照くださるようお願い申し上げます。

なお、米国の形式に習い、良い点は緑枠、普通は白、劣る点は赤枠で表示されています。スプレッド/スワップについてはスプレッド重視ですので、スプレッドが良いがスワップが悪い場合は枠は緑で文字が赤、反対にスプレッドが悪くスワップが良い場合は枠が赤、文字が緑にしてあります。シストレとセミナーはサブ口座用の指標でメイン口座を比較する上では重要でないため、枠ではなく文字のみを緑、黒、赤で優劣を比較しています。

最低取引単位 ドル円スプレッド/スワップ(1万通貨換算) ツールの機能と使いやすさ スリッページとシステムの安定性 サポート体制 情報の質 システムトレード セミナー
SBIFX 1 0.29銭/62円 ◎/
GMOクリック証券 10000 0.3銭/61円 /
DMMFX 10000 0.3銭/50円 ○/
外為オンライン 1000 1銭/50円 ○/○  
マネーパートナーズFX/FX nano 10000/100 0.3銭/40円

0.4銭/68円

◎/◎

/◎

YJFX! 1000 0.3銭/66円 ○/  
外為どっとコム 1000 0.3銭/52円 ○/ ◎ 

FX入門・初心者用10の目的別口座比較

FX入門・初心者用メイン口座比較ランキング

FX入門・初心者用サブ口座比較ランキング

FX会社のPros and Cons分析による口座比較と結論

SBI FXトレード SBI FXトレードのPros and Cons(プロコン)分析

GMOクリック証券GMOクリック証券のPros and Cons(プロコン)分析

DMMFXのPros and Cons(プロコン)分析DMMFX

外為オンライン外為オンラインのPros and Cons(プロコン)分析

moneypartnersマネーパートナーズのPros and Cons(プロコン)分析

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。