Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者が失敗しないための鉄則の解説

FX入門者〜脱初心者が失敗しないための鉄則の解説

登場人物


Fさん

6番目のテーマでは、FX入門者から初心者を脱したい方までが失敗しないための行動について13もの例が挙げられていますね。

 

私は自慢ではありませんが、無論全て経験しています(笑)

 

他責ではなく全て自責を心がけているので、さすがに12.の評論家の言ったことを真に受けて失敗し、その方のせいにすることはなくなりましたね。

 

それでも、1.の「コツコツドカーン」や2.の「損切りはできない」、6.の「もう一歩のところで手仕舞えなかった」、9.の「我慢が足りなかった」、10.の「1回のトレードの損失額を決めずに大きくやられてその後のチャンスに指をくわえているだけ」、というのは今でもやっちゃっていますね。

 

こうしてみると、自分が未だにできていないのは、「逆指値(ロスカット)注文をきちんと行なっていない」、「我慢が足りない」、「1回のFXトレードの損失額を資金の2~3%以下にするなどのキャッシュ・マネージメント」だと気付かされました

 

X君はいかがですか?

X君

僕は1回のFXでのトレードの損失額は3%以下と決めていますし、それに基づいてポジション量とロスカットオーダーのラインを決めています。

 



それ以来、大きな損失を出すことはなくなりましたね。

 

だけど、6.の「指値の一歩手前で相場が息切れして手仕舞えなかった」ということは、よくあります。

 

「指値に届かなくてポジションを持てない」というケースもそうですが。指値の設定にまだまだ改善点があるのかもしれません。

Fさん

それだけですか、素晴らしいですね!

 

キャッシュ・マネージメントについては完璧じゃないですか。

 

私も頭では理解しているのですが、何年経っても、いくら損しても(トータル損失額は考えたくないんだけど、たまに計算してしまう・・・)体が理解してくれてないんですよね。

 

そこが初心者から抜け切れていないポイントなのでしょうが。

X君

Fさんはご自分をコントロールすることが苦手なようなので、適切なアドバイスをもらえ、しかも、尊敬できて素直に従える今井先生のようなFX投資の先生が必要なのでは?

Fさん

確かにそうかもしれませんね、ありがとうございます!

 

でも、今井先生が師匠になってくださるのですかね〜。

X君

ご多忙なので直接ご指導していただくのは難しいでしょうが、このサイトを何度も何度も読んでいけば、心の師匠とかいうやつ?になってくれるのではないでしょうか?

 

そうなれば、体でも理解できるようになるのでは?

 

僕も今井先生の他にも一人か二人の心の師匠がいます。僕の経験では、FX入門者や初心者の方も、まず「この人の言うことならば信頼できる」と言う先生を見つけることが重要だと思います。

 

Fさん

確かにそうなのでしょうね。

師匠がいなかったので自己流でトレードしていたことが一番の敗因でしょうからね。

 

これを機会にデモトレードで練習をするのもいいかもしれませんね!

X君

それは、みんなやっていることだと思いますけど・・・(苦笑)。

Fさん

私はFXを始めたときから、長期と短期とで口座を分ければうまくいくのではと思ったことは、実は何度もあるんです。

 

でも、本当に面倒臭がり屋だし、毎日仕事やプライベートに追われていたこともあり、FX自体を片手間でやっていたので、新しく口座を開くことはこの10年1度もなかった。

 

某FX証券会社にずーと奉仕し続けてきました(笑)。

 

とりあえず、他のFX会社にも口座を作ることから始めて、デモトレードは面倒なので自信ないですが、短期と中長期で使い分けたいと思います!

 

FX入門者や初心者の方には、私のようにならないように、しっかりといくつかの会社を比較して、最初から自分に合った口座を複数開設することをお勧めします!

X君

はい、FXで口座を二つ以上持つのも、みんなやっていることですからね・・・(苦笑)。

 

僕も短期の動きに惑わされないように口座を短期と長期とで2つ使い分けています。

 

例えば最近でしたらドル円が3月末に105円を割りましたよね。

 

さすがに104円台では買えませんでしたが、105円前半で買いポジションを取りました。

 

だけど、この時に使った口座は普段使っているのと違うFX会社の口座なんです。

 

チャートとか関係なく、中期でみると「これは買いだな」と閃いた時にたまにポジションを持つんです。

 

Fさんが「FX入門者〜脱初心者は相場観(感、勘)を身につけるべき!の解説」で説明してくれたので今なら分かりますが、相場観ではなく、相場感で判断するんです。

 

いつものFX口座にポジションがあると、たとえば以前もみ合ったりしたチャートの節目が107円にあるとしたら、そこで決済してしまいますよね?

 

反対にサポートラインが103.5円にあるとしたらその少し下の103.3円に損切りラインを入れていてそこで損切りしちゃうとか。

 

そうならないために、最低でも110円、我慢できたら115円とか区切りのいい目標を決めて500pipsとか、これはちょっと理想に近いですが、1000pipsを狙えるように使い分けてるんです。

 

もしそれがうまくいけば大きな貯金ができるので、普段のトレードで多少損を出しても気が楽になりますよ。

Fさん

流石ですね・・・。

 

私も昔からそのようなシナリオを描いているのですが、ポジポジ病で常にポジションを持っていて、先日の105円のようなときには大きくマイナスなので、ポジションを持つ余裕はないんです。

 

早く戻ってくれと神様にお願いしているだけで・・・。

 

FX入門者〜脱初心者が失敗しないための鉄則」の10.の「1回のトレードの損失額を決めずに大きくやられてその後のチャンスに指をくわえているだけ」というやつです。

 

500pipsなんて夢の夢ですね。

X君

とりあえずもう一つFX口座を作って、そこに入れた資金は絶対に動かさないと誓ってください。

 

そして、また1ドル=105円とかのチャンスがきたときに、是非活用してください!

 

改善点が分かってきたんだし、改善点が多いということは、成長の余地が大きいということですよね?頑張りましょう!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。