Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者の成功の秘訣は行動心理学(経済学)の解説

FX入門者〜脱初心者の成功の秘訣は行動心理学(経済学)の解説

登場人物


Fさん

今回は、人間の行動心理学(経済学)がFX相場に影響するというテーマでしたが、シカゴの先物取引所の話は面白かった

 

FX入門者や初心者、脱初心者を目指している方だけでなく、中級者や上級者の方も勉強になったのではないでしょうか?

 

昔のハリウッド映画やアラン・ドロン主演の「太陽はひとりぼっち」などで、まだ機械化されていない時代の証券取引所のシーンが出てくるのですが、築地市場の競りのような、人が大勢群がって指でサインを出して売買をしているのが非常に印象的でした。

 

そうしたシーンが蘇って来ました。

 

まさに、シカゴでの海外赴任体験がおありの今井先生ならではのお話でしたよね。

 

FXなどのマーケットでは、市場参加者が何を考え、どう行動するのかを知ることが重要なのだと、よく理解できました。

X君

アラン・ドロンは誰だか分かりませんけど、築地市場の競りと言われると、分かりますよ!

 



実は、最近ハマっている漫画があって、「週刊モーニング」に連載されている「八百森のエリー」っていうんですけど。

 

イケメンで超真面目な新卒の主人公に共感できるし、笑えるし、野菜が食べたくなる(笑)。

 

この漫画の舞台が宇都宮の青果卸売市場で、主人公が勤めている会社が仲卸業といって、元卸(荷受け)業者やたまには直接農家から仕入れた野菜や果物をスーパーなどの小売業に販売する仕事なんです。

 

この漫画のおかげで、理解できました。

 

今井先生のお話ではシカゴの為替先物取引所は4重構造になっているとの説明がありましたけど、この青果市場にもいろいろな役割の方がいらっしゃるんだな〜とか学べています。

 

築地市場は扱うのが魚介類というだけで、似ているんじゃないかと。

Fさん

ああ、知ってます!「八百森のエリー」面白いですよね〜、モーニングで一番好きかも。

 

それと、築地市場には青果部もあって、実は野菜も扱っているんですよ〜。車でよく通るのでたまたま知っているだけですけど。

 

まあ、東京で青果市場といえば、エリーにも登場する大田市場がメインのようですけどね。

X君

そうなんですね〜、エリーいいですよね〜。築地市場が野菜を扱っているのは知らなかったです。

Fさん

すいません、「太陽はひとりぼっち」から大分話が逸れてしまいましたけど、エコノミストアナリストディーラーとの違いも、初めて分かった気がします。

 

私はどちらかというとアナリスト・タイプなので、この項を読んで、FXなどの相場を理解はできるけど、相場で勝てないのではと、少し心配になってきました

 

ディーラー、特に優秀なディーラーには、FX入門者〜脱初心者のためのFX、麻雀、剣道の比較と共通点」に出てきた常連さんの雀士の方のような野生の勘が必要なんでしょうね。

X君

確かに、エコノミストやアナリストはご自分で相場で儲けているわけじゃないから、アナリストの先生の予想をあまり当てにしてもダメかもしれないですね。

 

それよりも、今井先生も候補のお一人でしょうけど、誰か自分が信頼できる元プロのFXディーラーの方を見つけて、その方の投資方針を規範としてFX投資を行うのがいい、というお話ですよね。

 

ただし、その方も人間ですから、ツイてないこともある。

 

その時には当てにしない。ツイている時だけ同じポジションを持つようにすることがキーだ、ということでしょうか。

Fさん

・・・・。X君がFXで負けなしということが、分かったような気がします。

 

確かに、今井先生ではないのですが、他にも意見を参考にしていたある元ディーラーの方がいるのですが、当たることがもちろん多いのですが、見事に外すこともある。

 

そういう時はツイていないということなのでしょうね。

 

でも、どうやって、ツイているか、いないのかを判断すればいいのかな・・・・

X君

うーん、確かにそこは野生の勘が必要かもしれないですね〜。

 

FX入門者〜脱初心者は相場観(感、勘)を身につけるべき!の解説」でおっしゃていたように、相場勘は無理でも、相場感を身に付けられるように頑張りましょ〜

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。