Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜脱初心者始め方〜FX、麻雀、剣道の比較と共通点〜の解説

FX入門〜脱初心者始め方〜FX、麻雀、剣道の比較と共通点〜の解説

はじめに

こんにちは、今井雅人の「FX常勝方程式」〜FX脱初心者の口座比較・始め方〜編集部です。

 

このコラム「FX常勝方程式の解説」では、FさんとX 君が「FX常勝方程式」を読んで、どのように感じ、FX投資家としてどう成長していくかを描いていきます。FX入門者から脱初心者を目指している方まで、ご自分の成長度をこの二人と比較してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

また、中級者にも役立つ市況のファンダメンタルズ解説、本文記載以外のFXや経済用語、オススメのサイトなどの紹介を行っていくことで、「FX常勝方程式」をより実践に近く活用していただけるためのサポートも行っていくつもりです。宜しくお願い致します!

登場人物 


Fさん

X君、お久しぶりです。「FX常勝方程式の解説」の相手役を引き受けてくれて、ありがとうございます!

 

まあ、私の方が歳も投資歴も倍以上も上なわけですが、FXでの実績ではX君の方が上ですよね。

 

FXの世界では年齢や学歴などはもちろん関係ないですが、そうは言っても儲かっている人が偉そうにして、損している人が肩身を狭くしているのも、嫌ですよね〜。

 

そういうわけで、あくまでも対等な関係ということで、一応敬語を使わせてください。

 



たまにタメ語になるかもしれないですが、その時はまあ、許してやってください(笑)。

 

それでは、最初の項から始めていきましょう。宜しくお願いします。

 

まず、最初にFXの始め方のキーとなる精神論であるFX(為替取引)、麻雀、剣道の比較と共通点が語られていますが、これは非常に勉強になりました。

 

FX入門者から脱初心者を目指す方まで、必ず読んでいただきたい記事ですよね。

 

自分も剣道以外は経験があるので、今井先生の伝えたいことは痛いほど分かります。

 

麻雀も友人の間では“上手い”と言われていたのですが、“弱い”ので、いつもみんなの貯金箱になっていました。

 

まさに、せっかくツキが来ても相手に悪いと手を抜いてしまったり、つまらぬミスで相手にすぐツキを渡してしまっていたのが敗因でしたね。

 

常連の雀士の方が絶対に4番手にはならないという話は、FXにたとえると致命傷を負わないようにキャッシュ・マネージメントをしっかり行えということなのでしょうが、考えてみると、私は学生時代から麻雀でもそれができていなかった。

 

いい手が来ると勝負に出て負けて、4番になることも珍しくありませんでした。もっと早くこのサイトに出会えていたらよかったのに、今頃は初心者どころか上級者だったのではと、今更ながらに思うつい最近です。

X君

僕は周囲の友人が始めたこともあり、FXを3年前に始めたのですが、最初は、今井先生の本を始め、元銀行などでプロの為替(FX)ディーラーとして活躍していた方の本を読んで勉強しました。

 

本屋で平積みになっていても「FXで数年で数億稼いだ主婦による誰でも儲かるFX入門・始め方」などというような初心者向けの怪しい本は無視しました。

 

本で勉強した後には、学生でお金もなかったこともありますが、いくつかのFX会社を比較して口座を開いた後デモトレードから始め、自信が少しついてから、ためていたバイト代で本当のトレードを始めました。

 

最初から今井先生の本に出会えていて、本当にラッキーでした!

Fさん

なるほどですね。自分はいい加減なので、本屋で適当に何冊かパラパラめくって、いくつか比較した後にどれも変わらないと思い、「FX超入門書」「誰でもわかるFXの始め方」といった感じのタイトルのFXの始め方・入門本を買いました

 

さすがに初心者向けの怪しい本は買いませんでしたが。その始め方の本は全く役に立たず、仕方なく自己流でずーとやってきました。スポーツとかゲームとか、大体は器用にこなせて、自己流でも中級ぐらいにはなれていたという自信過剰がよくなかったです。

 

まあ、自業自得ですね。

X君

過ぎたことは仕方がないですよ!今からでも「FX常勝方程式」で勉強し直しましょう!。

Fさん

そうですよね、ありがとうございます!

 

話を“ツキ”の話に戻しますが、テニス、サッカー、野球、卓球など、色々なスポーツを観戦して比較してみると、どのスポーツでも試合の流れというか“ツキ”が重要だというのは理解していたつもりです。

 

“ツキ”が回ってくるまでは我慢を続け、自分に流れが来たらそれを逃さず、相手を一気に打ち負かす。そして、試合の流れをどれだけ逃さないようにできるかが勝敗の分かれ目、ということですよね。

 

GWに行われた世界卓球選手権決勝で、日本人選手に37連勝中の中国人選手を伊藤美誠選手が大接戦の末破った試合には、本当に感動しました!まさに、我慢に我慢を続けて、“ツキ”=試合の流れを自分のものにしたのが勝因でしたよね!

X君

確かに!卓球女子は凄かったですね!準決勝の石川選手の頑張りもヤバかったです。

 

最後のパラグラフの「勝負の要諦は、じっと耐えることにある・・・」を読んでいて、あの試合を思い出しました!

 

僕自身はキックボクシングをしているのですが、初め押されているときでも、相手の攻撃からじっと耐えていると、相手の隙を突いてカウンターのパンチがあたり、逆転できたことがありました。

 

これも試合の流れを自分に引き戻したといえますよね。

 

入門者の方が株やFXなどの投資を始める前には、まずスポーツやスポーツ観戦を通じてツキや流れをコントロールする方法を学び、さらに我慢力を徹底的に身につけるのがいいみたいですね。

 

あと、FXではツキがないと思ったら勝負から降りればいいということも大事かも。

Fさん

確かに。他のことで「ツイていないな〜」と思いながらFXは欠かさず毎日やっていて、そういう日は大負けしてたんですよね。

 

それで、さらに辛い日になる(笑)。休むも相場が重要ですよね。

 

初心者はまずこの言葉を実践するべきですね。

 

そういえば、2016年の6月に仕事が本当に最悪だった時にブレグジット(Brexit)を問う国民投票があって、離脱するはずないという意見が多かったからポンド円を大量に購入したら離脱しちゃって。あの時は相当凹みました

 

でも、今井先生とX君のおかげで、ああいう時はギャンブルしちゃいけなくて、投票の後で動けばよかったんだなと、今なら分かります。

 

たったそれだけのことが積み重なり、初心者と中級者との分かれ目になっていたのかもしれません。

 

X君の言う通り、過ぎたことを後悔しても仕方がないので、これから新たな気持ちで「今井先生による本当のFXの始め方」を学びながら頑張っていきたいと思います!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。