Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はソーサーボトムよりもソーサートップを重視することを習慣化!


FX入門〜初心者注目!ペナントというチャートの特徴

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第9回目はペナントとソーサーボトムについての講義でしたね。

 

まずはペナントの説明ですが、子供の頃に観光地のお土産として売られていた細長い三角の旗から名付けられたようです。

 

図11にあるように変動幅がだんだん小さくなっていくチャートパターンを指すようですね。

 

前述のレジスタンスラインサポートラインとトレンドラインの複合型のようなものだと先生は説明されていますが、2つ以上の山や谷を結んだ2つの線から構成された形状だけれども、片方がレジスタンスラインやサポートラインのような水平線で、もう片方がサポートラインのような斜め線のことがあるからということのようですね。

 

FX入門〜初心者はペナントの値幅が小さくなってきた際のブレイクに注意!

 

X君

ペナントというお土産ですか?全く知らなかったので検索したら出てきましたけど昭和の時代に流行ったもののようですね。

 

観光地に行った記念のお土産って今ならお菓子が定番ですよね〜、物を増やしたくないですから。

 

ところでペナントで値幅が小さくなると確かにどちらに動くかわからないですけど、レジスランスラインなど2つの線に囲まれているのだから当然ブレイク(ブレイクアウト)には気を使いますよね

 

FXではもちろん騙しには注意ですけどブレイクしたら流れに乗るのは当然なので、値幅が小さくなりブレイクが起きやすくなるのなら入門〜初心者の方も覚えておいて損はないですね!

Fさん

FX入門〜初心者注目!ソーサーボトムは底でもみ合ったあと上昇するのがパターンだが逆もあるので注意!

 

はい、ペナントは覚えておきたいですFXチャートパターンの一つだと思います。

 

次に「FX入門〜初心者におすすめ!ソーサーボトムで推理力を磨くべき!」でも触れられていたソーサーボトムについての解説が続いていますが、下落することもあるという話はなかったですよね。

 

底値なので通常は上昇するとばかり思っていました

 

大抵は上昇するのでしょうけど、底値でもみ合った後なので勢いがつくというのもわかるので、逆になったらさらに勢いよく下落することになりますよね。

 

やはり常にストップロス(逆指値注文)をしっかり入れていおかないとダメだし、この場合は上がる可能性が高いのでエントリー後に指値は入れるけど逆指値も必要なので、OCO注文となりますよね

 

逆の場合はソーサートップと呼ばれるが、こちらの方が重要とFX入門〜初心者は覚えるべき!

 

ソーサーボトムは鍋底とも呼ばれるので親しみやすいですけど、ソーサートップという言葉はあまり聞かないですね。

 

でも、逆の場合も当然あるわけですからソーサートップも同じように有効だということですね。

 

特にFXの場合は売りがショートと呼ばれるように下落の方が上昇よりも勢いがあるわけですから、実はソーサーボトムよりもソーサートップに注意を払うべきなのかもしれないと気付きました。

 

入門〜初心者の方は是非とも忘れないでいただきたいですね。

X君

はい、そうですよね、売りで儲ける方が簡単だというのがFXですからソーサートップを見逃さないようにした方がいいということですね

 

まあ、現在は円高、ドル高が続いているので、日足では主要通貨ペアではソーサートップはありえないですけど。

 

デイトレ用の5分足とか10分足とかならあるのかもしれないですけど、僕は見てないので関係ないですね。

 

Fさん

FX入門〜初心者必見!キウイ円は綺麗な高値圏での高値の切り下がりに!

そうですね、せっかく気づいたけどソーサートップはしばらくはお目にかかれそうもないですね。

 

ところで参院選も終わり為替条項も含まれると思われる8月1日、2日予定の日米貿易交渉でも何か発表があるでしょうから米ドル/円はショートのままです。

 

さすがのミセスワタナベもドル買いをやめたようで7月になってシカゴIMM通貨先物ではドル円ショート(円売りドル買い)が急減してきています。

 

そのためヘッジファンドの夏休み前の仕掛けはないでしょうけど、forexliveのニュースではJPモルガンが円買い、スイスフラン買いを推奨したり、トランプ大統領のドル安誘導もありうるので、やはりコアポジションだけ残して小まめに回転させる方針は夏休みまでは変わりそうもないですね。

 

ポンド/ドルも17日のツイート通り順調に下がっていますし、キウイ/円も以前紹介した72.4円レベルの抵抗を抜けれず少しずつですが下げてきています

 

この調子でお盆休みまで行ってくれればいいのですが。

 

ただしケーブルは8月1日にBOEの理事会があるのでその日の日本時間までにはスクエアにする予定でしたが、7月30日23時半に1.225をつけたので2万通貨を買ってとりあえずフラットにしました。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!