Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はチャートに線をできる限り引くことを習慣化すべき!


FX入門〜初心者はまずは代表的なチャートの形と名前を覚えるべき!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第6回目からはチャートに線を引くと相場が分かるという講義でしたね。

 

まずは前回の講義で為替(FX)のチャートには人間の行動心理と実体経済の動きが反映される事が分かってもただ眺めていても意味がないので、チャートの形状と名前を覚えようという事ですね。

 

そういえば、第6章の「FX入門〜初心者におすすめ!ソーサーボトムで推理力を磨くべき!」ではソーサーボトム、鍋底が紹介されていましたよね。

 

FX入門〜初心者注目!チャートにパターンが現れるのは参加メンバーが異なるため!

 

X君

そうですね、あの記事では先生お気に入りのチャートパターンのソーサーボトムを例にFXでのチャートの形状を覚える重要性に触れられていましたよね〜。

 

次にチャートにパターンが現れるのは相場の参加者が常に異なるからという解説がされていますが、そこまで考えてみたことはありませんでした。

 

人間は学習するので年々上級者向けのチャートパターンになるはずなのにそうならないのは、入門者の方が参加する、初心者の方が損をして退場をしてしまう、そして昔のFさんのように初心者のままで学習しない方もいるからと考える納得できました

 

確かに先生の仰るように人間の行動心理を反映するので、先生が使われている本を書かれた当時の10年前の為替(FX)のチャートと現在のチャートを比べても全く同じですよね、ただ騙しは増えているような気がしますけど

Fさん

FX入門〜初心者はチャートにできるだけ多く補助線を引くことを習慣化するべき!

 

そうですね、昔と比べても為替(FX)チャートの形状は変わらないですが確かに騙しは多くなっているかもしれないですね。

 

ところで、チャートに線を引くと相場の動きが明確になるという解説ですが、これについては面倒なのであまりやれていません

 

ここがやはり自分に足りないところなのかなと、もちろん節目やもみ合った地点に簡単な線を引くことぐらいはしているのですが、テクニカル派の方からすると少なすぎると思われるのではとこの記事を読んで改めて気づきました。

 

この機会にトレードに入る前にしっかりと線を引くことも習慣にしたいと思います。

 

補助線を上手く引けるようになるには数学と一緒で回数をこなす事が必須!

 

そして補助線を引くのには回数をこなす事が必要と先生が書かれていますが、FX経験は長いけれども引いた線の数はX君よりも少ないのではという気がしてきました。

 

やはり元プロの本を数多く読んで素直に実行しているX君に劣っている点が久しぶりにはっきりした講義でした!

 

レジスタンスラインサポートラインはまだマシなのですが、トレンドラインについてはあまり自信がないです。

X君

そうなのですね、確かに今までチャートについて話したことはなかったですものね。

 

はい、僕はほとんどチャートだけしか気にしない先生の本も読んでいるので、トレードに入る前にチャートに線を引く習慣はできていると思います。

 

その点では確かにFさんより優っているのかもしれないですね〜。

 

気づかれた通り、入門者や初心者の方は、線をできるだけ引くことを習慣化した方がいいと確かに思います。

Fさん

FX入門〜初心者注目!円ショートがあまり増えていないのはトランプ大統領のドル安誘導が原因?

ところで前回議論したシカゴIMM通貨先物では7月9日時点で円の売り越しが2424枚増し、1217枚から3651枚となったとのことでした、3倍にはなりましたけどず〜と数万枚だったのでまだまだ少ないですよね。

 

やはり、トランプ大統領がドル安を主張しているからという意見が原因のようですね。

 

ブルームバーグ英語語版のニュース(7月12日)によると、ゴールドマンサックスまでがトランプ大統領が為替介入するという意見に同調したということです。

 

これで12日金曜の夜に108.4円台だった米ドル円が夜中には108円を割った事も理解ができました、前回述べた参院選前に戻り売り狙いで正しかったようですけど、問題は戻ってくれるかですね。

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!