Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者には高値圏での高値の切下がりと底値圏での安値の切上がりがおすすめ!


傘の柄は過去の底値よりも下がらずに上昇していく為替(FX)チャートパターン

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第11回目は傘の柄と南京玉簾、高値圏での高値の切り下がりについての講義でしたね。まずは傘の柄の解説ですが、相場が下落基調の際に前回の底を割ることなく上昇していくFXチャートのパターンのことのようです。

 

図17 傘の柄
図17 傘の柄

 

ある意味、ダブルボトムの二番底が一番底より高い位置にあるケースと似ているのではないでしょうか?

 

下落基調だけれど前回の底を割らないので、下げ圧力が弱まっているということになりますからね

 

チャートの形状については傘の柄に似ているといわれるとまあなるほどという感じでしょうか。

 

南京玉簾は傘の柄と逆で前の高値まで上がらずに下落する為替(FX)チャートの形だが意味は不明

X君

そうですね、ダブルボトムの二番底が一番底よりも高いケースと傘の柄は似ているのかもしれないですね

 

次に南京玉簾の解説がされていますけど、傘の柄と逆で前のトップを超えることなく下落しているFXチャートの形状を指すようですね。

 

図18 南京玉簾
図18 南京玉簾

 

それはわかったのですが、南京玉簾という意味がわからないです

 

中国風の玉簾という意味なのでしょうが、玉簾自体もよくわからないのですが、Fさんはわかりますか?

Fさん

いいえ私もわからないのでウィキで調べたのですが、中国ではなく日本の富山県発祥の日本の大道芸ということはわかったのですけれど、ウィキの画像だけではどういうものだがよくわかりませんでした

 

Youtubeの動画を見てなんとなくわかりました、歌に合わせて簾の形を自由自在に変化させる芸で、確かに虹のような形になっていました

 

これもFX相場のトップの場面で現れるので絶好の売り場になるというのは、ダブルトップの二番目のトップが一番目のトップより低いパターンと同じなのだと理解できました。

 

FX入門〜初心者は高値圏での高値の切下がりに注目!

次に解説されている高値圏での高値の切り下がりがFX入門〜初心者には一番分かりやすいのではと個人的には思えました。

 

1.高値圏で発生する、2. 日足が高値から陰線をつけて数日間下落しているという2つの理由から買い圧力が弱まって上昇相場が終了し、下落相場に移ったということが入門〜初心者でも一目瞭然だと考えられたからです。

 

図19 高値圏での高値の切り下がり
図19 高値圏での高値の切り下がり

 

今まで買っていた投資家の決済、ドテン、そして新たな売り手と3つの売り圧力が重なるわけですか、下落の勢いが強まるということも納得できます

 

これこそまさに、先生の仰って来られた小さく7回負けても大きく3回勝てば儲けられるという理論の大きく勝つための絶好のチャンスなのだと思えました。

X君

そうですね、FX入門〜初心者の方にも高値圏での切り下がりは分かりやすいかもしれないですよね

 

図19を見ても下落基調に入っているのがはっきり見られますし。

 

高値圏以外で切り下がりが起きても意味がないのは、高値圏以外だとまだまだ買い圧力があるわけですから、当然といえば当然ですよね

 

このことだけは入門〜初心者の方には気をつけていただきたいです。

 

ただし、近年は騙しも多いので高値圏の切り下がりだと思っても罠であることがあります

 

ストップロス(逆指値注文)や、エントリー後ならば指値と逆指値を両方入れるOCO注文が入門〜初心者の方でも必須となりますよね

 

Fさん

はい、以前の私のようにならないためには、是非ともX君のいうようにストップロスやOCO注文を習慣化させていただきたいです!

 

キウイ円はまさにこの高値圏での高値の切り下がりで400pips獲得!

 

そして「FX入門〜初心者はソーサーボトムよりもソーサートップを重視することを習慣化!」でも触れましたがforexlivfeの記事もツイートしましたが72.4円の抵抗を一度は超えたもののキウイ円が下がってきました。

 

図20 NZドル/円日足7月29日
図20 NZドル/円日足7月29日 出典:GMOクリック証券

 

図20は7月29日時点でのキウイ/円の日足チャートですが、まさに綺麗な高圏での高値の切り下がりになっています。

 

そして実は31日から海外旅行に行っていたのですが、8月7日にニュージーランド中央銀行は事前の予測ので25ポイントではなく50ポイントの利下げを実施、政策金利は1%となりキウイ円は68円に急落、全て利確することができました!

 

ピラミディングをしていなかったので量は多くないのですが、400pips以上取ることができました

 

これもForexliveと今井先生の高値圏の高値の切り下がりを学んだことのおかげです、本当に感謝しています!

 

FX入門〜初心者は底値圏での安値の切上がりにも注目!

 

そして、底値圏での安値の切上がりも、同様に儲ける絶好のチャンスなので注目していただきたいですよね。

 

お盆休みに向けて下がった後にはその後上昇する可能性があります

 

休みをゆっくり取るのももちろん必要ですが、お盆休みの頃はFXにおいては1年でもっとも儲けられると当時に損をする可能性が高い時期ですので、せっかく覚えたこの底値圏での安値の切上がりや、ダブルボトムの二番底が一番底より高い位置にあるFXチャートパターンが形成されるかをしっかっりウォッチしていただきたいです。

 

特に入門〜初心者の方には損をしてFXを嫌いになるか、大きく儲けてFXを好きになるのかの分かれ目だから重要だと思います!

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!