Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者もプロと同じでファンダメンタルズだけでなくチャートの勉強が必要!


FX入門〜初心者必見!ファンダメンタルズ分析と同じくらいテクニカル分析が重要!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第7章も終了し、第8章に入りました。今回からの講義のテーマは「今井流FXチャートの基礎」となります。

 

第7章までのファンダメンタルズ分析の解説が一応終了となり、今章からはテクニカル分析の講義となるわけです。

 

ここに至るまで1年以上経ちましたが、あっという間だったような気がします。

 

FXに限らず、株式など相場で取引する際の絶対基準であるチャートについて今回から勉強していくことになるようです。

X君

そうですね〜、1年なんかあっという間でしたね〜。

 

それから、ソーサーボトムについて触れられたFX入門〜初心者におすすめ!ソーサーボトムで推理力を磨くべき!」を除いて今までチャートの話はなかったのですね、気がつきませんでした!

 

僕にとってはまだまだだったファンダメンタルズや行動心理学、満月の夜に相場が荒れる事やバイオリズムなど勉強できてよかったですけど、FXではチャートも同じくらい大切ですよね。

 

チャートは相場の動きをグラフ化したことぐらいはもちろん分かっています、今回は確かに入門者向けの記事かもですね!

 

Fさん

そうですね、始値、高値、安値、終値をグラフ化したものだというぐらいは株式でも同じなので、株式経験者でFXはまだ始めたばかりという方でも分かる内容になりますからね。

 

FX入門〜初心者注目!為替チャートでは縦軸が価格、横軸は時間を表す

 

為替(FX)相場ではチャートは縦軸が価格で横軸が時間を表すというのも、チャートを見ればすぐに気づかれると思います。

 

しかし株と違ってFXには出来高がないという事には恥ずかしながら気づいていませんでした、そう言われるとそうだという感じです。

 

FX入門〜初心者必見!ラインチャートとバーチャート、ローソク足の3つがチャートの基本だが日本ではローソク足が一般的!

 

次にチャートの3つの基本形であるラインチャート、バーチャート、ローソク足チャートについて図を用いてその長所と短所が比較されています。

 

私はローソク足チャートしか見たことがなかったので、実はローソク足は日本で発明されたもので日本では一般的だが、海外ではバーチャートが一般的だとは全く知りませんでした。

 

どう見てもローソク足が3つの中で一番わかりやすいと思いますが、なぜ海外の投資家はバーチャートを使っているのか不思議です、慣れなのでしょうか?

X君

今週は海外の会社の半期末なのでレパトリやポジション調整での流れの逆流に注意!

そうですね〜、僕もローソク足がわかりやすいように思えますね。

 

海外の方がバーチャートを使っていることももちろん知りませんでした。

 

ところで今週金曜の28日で6月も終りですが、6月は海外企業にとっては半期末になりますよね?

 

レパトリーはもう済んだのかもしれませんが、来月から下半期となるのでポジション調整で今までと逆の動きとなるかもですよね?

Fさん

ああ、確かにそうですね、X君はよく気がつきましたね

 

私は忘れていました、やはりトレードノートをしっかりつけているX君とつけていない私の差はこういうところで出るわけですね。

 

今までドル高、円高だったわけですから、今週はドル安、円安かもしれないですね。

 

FX入門〜初心者必見!28日金曜のロンドンフィックスに注意!

 

そうなると月末どころか期末となるロンドンフィックスの動きに注意ですね。

 

シカゴIMM先物ポジションでも6月18日時点ではドル円買いが45000枚から約28000枚も減って16500枚の円の売り越し(ドル買い)となっていますが、米国企業のレパトリによるドル買いは月半ばまでに既に終了し、逆回転の円買いドル売りが始まっているということでしょうか?

 

ユーロドルについても逆回転となっていますが、ポンドとオセアニア通貨は売り越しが増えているので相変わらずドル買いが続いているようです、これはやはりブレグジット米中貿易戦争の影響なのでしょうか?

X君

ごめんなさい、僕にはそこまで分からないです。

 

ただし円とユーロが逆回転しているのならロンドンフィックスではドルに対して円とユーロを買うべきということかもしれないですよね。

 

ユーロドル買いとドル円売りということでしょうか?

 

ドル円はFOMC後に107円台まで下落しているのでもし少量を試すのならユーロドル買いということですかね〜。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!