Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はまずは複数の口座を開設し、デモトレ6ヶ月の間に比較!


ファンダメンタルズもテクニカルもアソシエイト時代に鍛えられ、デモトレで管理画面になれアノマリーも経験し、本当のトレードでメンタル面も鍛えられているのがプロ!

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けにプロの手法を紹介する資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第7章の第12回目はプロは相場知識を身につけるアソシエイトから始め半年のデモトレを経て初めてトレードできるので、個人投資家もそれに対抗する必要があるという講義でしたね。

 

ここまで読み進めてきてトレードを開始しようとするのはまだ早すぎると先生が書かれていて、思わず「えっ」となりましたが、今回の記事を読んで理解できました

 

プロの為替(FX)ディーラーとは、まずは為替取引の知識をアソシエイト時代に学び、それから半年間もデモトレードを行い、その成績で選ばれた者だけなのですね

 

ファンダメンタルズテクニカルの知識をしっかりと上司のプロの為替(FX)ディーラーから教わり、さらに半年間のデモトレでアノマリーや週末をまたぐポジションを持つ怖さを学び、管理画面になれ、そこで成績が良かった人だけが選ばれる

 

そしてプロとして経験を積むとメンタル面も鍛えられていて心理コストも小さい、さらに情報力も比べ物にならない、こうしたプロ相手にゼロサムゲームであるFXで戦ってきたのですから、一昨年まで負け続けていたのは当然ですよね。

 

FX入門者や初心者がプロに対抗するためにはこのサイトやプロの本で手法を学び、複数の口座開設をしデモトレを行い、自分に合った会社や手法を身につけるべき!

 

7章までの講義を読んで相当自信がついたつもりでいたのですが、これぐらいはプロだったら知っていて当然の知識なので、まだ本当のトレードをするには早く、まずは複数以上のFX会社に口座を開設し、デモトレードを行うことで各社の取引画面になれつつ特徴を比較し、自分に合った会社を見つけるべきということでしょうか?

 

そして、FX入門〜初心者が今の段階でリアルトレードを行うと大損をしてFXから退場になったり、取引画面やOCO注文などのやり方が分からずチャンスを逃すので、6ヶ月間ものデモトレードが必要ということですね。

 

確かに1社を適当に選んでその会社だけでトレードしてきたのですが、2019年版10の項目別8社比較(銀行口座や証券口座からの移管・スワップ等)」や「2019年6月版メイン口座7社比較(スリッページ・ツール・システム安定等)」を読んでみると、各社それぞれ特徴があるので、比較してみてもどの会社が1番だとは一概に言えず、人それぞれによって合った会社は異なるのだとようやく理解できたところです。

 

今更ですが、最初から元プロの本に出会わなかったことからして失敗でしたが、1社だけに口座を開設し、デモトレもなしに知識もなしにトレードしていたのですから、勝てる方が不思議だったということですね

X君

はい、僕の場合は元プロの本に出会えた上に、1冊でなく複数のプロの5,6冊の本を読み、複数口座を開設して、デモトレをある程度行ってから、初めて少量で米ドル円の取引を行ったので、一応正しいやり方でやってきたということのようです。

 

FX入門〜初心者注目!為替ディーラーが1人前になるまでの例を見ると、このサイトを第7章まで読んでもまだプロではアソシエイトの段階?

 

そして、銀行のディーラーが1人前になるための過程が図15で紹介されているわけですが、7章までですでに記事数が200近くになっているのですが、どうもこのぐらいの知識はアソシエイト段階ということのようですよね。

 

個人投資家と同じように取り巻く環境や参加者、為替商品とその取引手法など、基礎的なことを実践的に学習していくと先生は書かれていますが、今までの講義ってまさにこれですよね〜。

 

しかも、銀行のアソシエイトの方はOJTで今井先生のようなプロに毎日仕事の中で学んでいるわけですから、元プロの本やこのサイトを読んでいるFX入門〜初心者の方よりも多くのことを学んでいるはずです。

 

そのアソシエイトの方でもまだデモトレの前段階というのには驚きました、もうデモトレぐらいはやらしてもらっているのだとばかり思っていたので!

FX入門〜初心者注目!アシスタント為替ディーラーになってもまずはカバー取引でデモトレはまだ!

 

そしてカバー取引という用語は初めて知ったのですが、顧客から受けた注文と逆の注文を行うことのようですね。

 

このカバー取引をやらせることで、買いと売りを間違えるなどの初歩的なミスがないように管理画面になれさせる、そして取引先のディーラーとの情報交換でさらに為替(FX)取引の知識を向上させているのですね!

 

Fさん

はい、私もカバー取引という言葉は初めて知りました。

 

そしてアシスタント為替(FX)ディーラーになってもまだ自分での取引は行わせてもらえず管理画面になれさせ、さらに自社以外の外部のディーラーからも為替について学ばせる、まさに英才教育で、これができて初めてデモトレなのですね!

 

FX入門〜初心者必見!カバー取引で認められたディーラーだけがデモトレを許される!

 

そしてこのカバー取引で認められたものだけがデモトレを許されるとありますね。

 

敏捷性、判断力、為替に取り組む姿勢などで能力が認められると初めてデモトレードができるということですが、つまりアシスタントディーラーの名刺を持っているプロの方でも能力を認められずまだデモトレもやっていなかったり、異動を待っている方もいるということでしょうか

 

つまり、デモトレを行う前にすでに篩に掛けられているわけで、元プロの為替(FX)ディーラーというのは実は今井先生ほどではないにしても、その辺の専業投資家とは比べ物にならないということなのですね、そこまでとは思っていませんでした!

 

さらに、ようやくデモトレとなっても最初はオーバーナイトポジションも許されず、日中の取引だけで徹底的に訓練され、仮想収益が出ると初めて認められるとのことです。

 

これでは週末にポジションをまたぐなどとんでもないと最初から刷り込まれているということですね

 

そう言えば友人の元プロの為替ディーラーがニューヨークでのディーラー時代に週末をまたぐポジションには許可が必要だったと言っていたことを思い出しました。

 

なんかその辺の入門本しか読まずに、デモトレも行わず、ファンダメンタルズの知識だけで最初から大きく、しかもポンドで勝負していた自分が恥ずかしくなってきました。

 

半年間のペーパーディーリングで収益を出せた者だけがプロの為替ディーラーであり、FX入門〜初心者の勝負相手はこうした化け物!

 

さらに、この半年間のペーパーディーリングで収益を出せた方のみが為替(FX)ディーラーになれるということですから、個人投資家が彼等に勝つのは可能なのかとふと思ってしまいました。

 

先生のおっしゃるように、しっかりとこのサイトや元プロの本で勉強しただけでは実はまだ不十分で、複数の口座開設をし、半年のデモトレを行いながら自分に合った手法や会社を見つけることがリアルトレードを開始するための絶対条件だと理解できました!

 

FX入門〜初心者必見!デモトレではメンタル面の強さは養えないが、得られる物も多い!

 

しかし、デモトレではメンタル面の強さが養えないので、デモトレでは大きく儲けていたのに実際のトレードでは儲けられないプロの為替(FX)ディーラーも多いとのことですね。

 

以前に説明されていた心理コストのことですよね、また、一番最初の麻雀と剣道、FXの比較記事で先生がまずメンタル面の重要性を解いていたのもよく理解できました。

 

しかし、ファンダとテクニカルの割合やデイトレとスイングの割合などのことなのか、自分に合った取引手法は見つけられるし、週末をまたぐポジションをもつ怖さや、指標発表前後の不気味な動きは確かに学べますよね。

 

入門〜初心者の方は私のようにならないように、まず本やこのサイトで勉強し、複数の口座を開設し比較しながら半年間のデモトレを行ってから実際のトレードを始めてはいかがでしょうか?

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!