Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者は反対なら逆指値、予想通りなら上乗せと逆指値をずらす!


FX入門〜初心者注目!FXでは損失額は最小限に抑えるために最初に定めた逆指値注文は動かさない、またはOCO注文で自動で損切りする!

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けにプロの手法を紹介する資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第7章の第11回目はFXで4勝6敗(3勝7敗)で勝利するには損失は最小限に抑え上乗せで大きく勝つという講義でしたね。

 

まずはFXでは思惑と反対に動きエントリーポイントを割った場合には、最初に設定した逆指値で確実に決済して損を確定するということですね

 

”思惑通りの方向に戻りますおように”とお祈りして根拠もなくストップロス(逆指値注文)を変更してしまうと、徐々に損失が増えていき最悪の場合は強制決済ということですね。

 

昔の私の場合は逆指値注文さえしていなかったので、変更はしていませんが、ただズルズルと落ちていくのを見ていたので、この例より悪いですね。

 

FX入門〜初心者の方は、とにかくOCO注文を習慣化しておけば自然に決済されるので、それで解決できると思います、私もようやく習慣化できましたが。

 

FX入門〜初心者必見!ピラミディングをした場合には利益を確定させるために、利確地点を上乗せポイントと、エントリーポイントと上乗せポイントの間にずらす!

 

次に、プロの為替(FX)ディーラー順張りでは必ず行っているというピラミディングの場合ですが、上乗せしたポイントと最初のエントリーポイントの間に指値をずらすということですね

 

図12 上乗せのイメージ
図12 上乗せのイメージ

 

Bさんの場合だと、90円のエントリーポイントと91円の上乗せポイントの中間点である90.5円と91円の間にエグジットポイントを持ってくるということのようです。

 

これだとうまくいけば92円で利確すれば300万円の利益、91円を再び割り込んで仮に90.7円でエグジットしても40万円の利益になるということですね。

 

確実に利益を上げるためには、91円で上乗せした時点で、当初は90円より下だった例えば89.5円から90.7円などに逆指値のレートを変更し、自動的に利確できるようにするのが為替(FX)取引のポイントだということですね

X君

はい、この例のように順張りでは確実にピラミディングをし、さらに逆指値をエントリーポイントより買いの場合は上にずらして利益を確定させるところが、FXのプロや上級者と入門・初心者の違いなのかもですね。

 

FX入門から初心者は4勝6敗または3勝7敗で勝利することを目指すべき!

 

そして、FXではプロにはレート毎の売買ポジション量や指標発表時のニュースの入手速度などで劣る上に、もちろん経験や技術は到底及ばない、さらに心理コストもあるので、5勝するのは難しいということですね。

 

FX入門〜初心者でも勝率3~4割で勝てるが、1回の損失額を決める等徹底した資金管理が条件!」でも解説されていましたが、勝率3~4割で勝てるようにならないとトータルで利益を上げるのは不可能だということですね。

 

その理由はたとえ7勝3敗で勝てたとしても多くの入門者や初心者の方は小さく勝ち、大きく負けているので、トータルでは損をしていると、図13を例に先生は説明されています

 

7-12_7勝3敗で負のイメージ
図13 7勝3敗で負けのイメージ

 

FX入門〜初心者注目!図13のケースでも、ナンピンをせずに損切り注文を確実に行っていれば、6勝1敗となり、トータルで儲かっている!

 

僕の場合は確かにAの5勝やBの1勝、Dの1敗はありますけど、ナンピンはしないですし、逆指値注文も100pipsぐらいにおいているので、CやEやFはないですね。

 

そうなるとプラス160になります、つまりナンピンなどせずにしっかり逆指値注文をしていれは図13のケースでもFXでは負けることがないということになるのではないでしょうか?

 

Fさん

確かにその通りですね、X君がなぜ勝てているのかは、今井先生の教えを守って、しっかり損切りをして、ナンピンをしていないからなのですね。

 

反対に私はナンピンもして、逆指値注文も入れたり入れなかったりだったので、負けていたのだと、この図13を見てのX君の解説で理解できました!

 

FX入門〜初心者でも逆指値かOCOで損切りを機械的に行い、順張りで上乗せをすれば4勝6敗でも勝利できる!

 

7-13_4勝6敗で勝ちのイメージ
図14 4勝6敗で勝ちのイメージ

 

次に図14のケースを見てみましょう。ここではポジション量を考えていないので損失も利益もpipsで表現しています。

 

Aでは5敗していますが、着実に50pipsで逆指値注文で決済し、損失を限定しています。

 

Bでもすぐに利確せず、結果的に反対に相場が進みましたが、これまた逆指値をしっかり入れているので損失は50pipsです。

 

FX入門〜初心者注目!米ドル円では50pipsほど思惑通りに動いた時点で逆指値の位置も同量以上にずらすことが為替のプロの技!

 

Cでは恐らく90.5円ぐらいに上昇した際にが逆指値を89.5円から90.1円にずらしたらしく、10pipsですが利益を出しています、この米ドル円なら100pipsが基本の振れ幅と考え、50pips上昇または下落した時点で逆指値を上または下にずらすことが為替(FX)のプロの技なのだなと気づきました。

 

Dでは図12のBさんのケースと同じで、91円で上乗せをして、中間地点の90.5円と上乗せ地点の91円の中間である90.8円に逆指値注文をずらし、その後下落したものの、90.8円で利確して60pipsの利益です。

 

Eでは2回のピラミディングを行ったので、逆指値を1回目の上乗せの91円、2回目の上乗せ地点の92円の平均の91.5円と92円の中間である91.8円にまで2度目の引き上げを行なったので、240pipsも利益が出ています

 

そしてFではEのケースより勢いが弱かったからなのか。91円、次は91.5円と小刻みにピラミディングをし、92円で手仕舞いし、350pipsもの利益を上げています!

 

このように、相場の勢いを見ながら、小刻みにピラミディングを行い、そのたびに必ず指値も同方向にずらしていくことがプロの勝利の秘訣だと勉強になりました!

 

FX入門〜初心者でも、勇気を持ってピラミディングと逆指値のずらしを行うことが勝利の秘訣!

 

D、E、Fのケースでの勝利は全てピラミディングを行い、逆指値をピラミディング地点をベースに相場の方向に合わせてずらして行ったことがポイントですよね。

 

Cでも逆指値を上にずらしたので儲かっていますし、AとBでは着実に逆指値注文で決済することで損失を最小限に抑えています。

 

今回習ったことを実行していけば勝てる気がしてきました!

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!