Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はプロのようにリターンよりもリスクを重視すべき!


FX入門〜初心者注目!プロと個人投資家の一番の違いは、プロはリターンよりもリスクを、個人はリターンを重視する事!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方第6章も終了し、第7章に入りました。今回からの講義のテーマは「今井流FX常勝売買手法中級」となります。

 

初級の第6章と同様に第1回目は精神論で、「FXではリスク管理が一番大事」だという講義です。

 

強制ロスカットとなってFXを続けられなくなるだけは絶対に避けるべきなのでリスク管理が最も重要ということを先生は、「FX入門〜初心者でも勝率3~4割で勝てるが、1回の損失額を決める等徹底した資金管理が条件!」などで何度か取り上げられていますよね。

 

FX入門者や初心者の方でもこのサイトで勉強されてきた方は当たり前だと思われる方も多いかもしれませんが、今回の講義のように為替 (FX)のプロのリスク管理手法を解説されると、このリスク管理のいい加減さでやられてきた私はプロはそこまでやっているのかと思わされていまいました、X君はいかがでしたか?

X君

そうですね、まず会社からリスク管理されているのが羨ましいな〜と正直思ってしまいました。

 

損失の月間限度額が決まっていてそれを超えると取引できないとというのはなるほどな〜と、先生の仰るように自然と休むも相場になりその間に頭を冷やせるわけですから

 

一度の取引できる限度額がある、さらにオーバーナイトポジションまで制限されているのは凄いですよね、週末のポジション限度額はあるような気がしていましたが毎日なのですね。

 

為替 (FX)のプロはリターンを獲得するよりも、リスクをより警戒しているのだと勉強になりました!

 

Fさん

なるほどですね、スイングトレードではなくデイトレードスキャルピングを好み、トルコリラなどの高金利だけど経常赤字国通貨のトレードが大好きなFX入門者や初心者を含む個人投資家は、リスクよりもリターンを重視していることになりますからね。

 

日本の個人投資家は入門者や初心者に限らず上級者までもがハイリターンを重視するので、昨年8月のトルコリラの急落や2019年1月3日のフラッシュクラッシュなどのようにミセスワタナベ狩りとして短期筋につけ込まれてしまうということですね。

 

FX入門〜初心者必見!為替 のプロは基本1分1秒も相場から目を離さない!

 

さらに会社からリスク管理されているだけでなく、為替 (FX)のプロは自分自身でも徹底的にリスク管理をしていて、寝ている時以外は基本相場から目を離さないというのには驚きました。

 

逆指値注文を入れるのは当たり前で、コールオーダーまで入れているのですね、私のように入れたり、入れなかったりとは真逆ですよね

 

プロと個人との一番の違いはX君が気づいたように、やはり、プロはリターンも重視するけどそれ以上にリスクを重視するということのようですね、リスク管理に対する姿勢の違いが今井先生と私では違いすぎます

 

先生のプロと個人との才能の差はそんなにないんだという言葉が思い出させられました、励みになります!

 

リスク管理を徹底していけば、入門者や初心者でも徐々にではあるでしょうけど、為替 (FX)のプロに近づけるのだと今更ながらに思いました!

X君

FX入門〜初心者注目!FX経験の浅いX君がFさんより儲かっているのは元為替ディーラの本を読んでいて、リスク管理などの基本が身についているから!

そうですね〜、才能の差ももちろんあるけど、リスク管理への姿勢などの基礎ができてない所が為替 (FX)のプロと個人投資家との差だと先生はおしゃりたいのでしょうね。

 

確かに経験の浅い僕がFさんよりもFXで儲かっているのは、元為替(FX)ディーラーの本を読んでいたのでリスク管理などの基礎が身についているからかも?

 

先生が個人投資家は連休などに相場から目を離してしまい失敗すると書かれていますが、僕は基本はGWやお正月などの大型連休中はノーポジまたは売りが基本なので大きな損失を出したことがないのかもしれないです。

Fさん

ああ、確かにそうですね、X君は米国雇用統計など大きなイベント前でさえ基本ノーポジですものね、昔の私と正反対です、ブレグジットの時に買い持ちをして大損したことを思い出してしまいました、連休中は買い持ちは危険で売り持ちの方がいいのかもしれないですね

 

逆指値注文は必ず入れる、相場に張り付けないときは休むも相場で取引を行わないなど、X君はまさに先生の仰る自分自身のルールを確立しているわけですからね。

 

トレンド相場で大きく勝つのが基本で、ボックス相場ではあまり動かないなども、今井先生など元プロの教えを忠実に守っているし、今回の記事を読むとX君が私より儲かっているのは当然だとよくわかりました。

 

FX入門〜初心者注目!米国雇用統計後のドル安でドル買いエントリー!

 

ところでGWは今の所、5月6日時点でフラッシュクラッシュはありませんでしたね

 

「FX入門〜初心者はエントリー前に損失限度額と逆指値を決め必ず実行する!」のブルームバーグの記事にあったように1月3日のフラッシュクラッシュで懲りたのか個人投資家がドルやユーロを珍しく売り持ちにしていたからでしょうか?

 

トルコリラやニュージーランドドルは買い持ちでしたけど。

 

前回触れたように令和ご祝儀相場でGW後は株高ドル高かと思っていたところ、5月3日の米国雇用統計の結果が失業率が49年ぶりの低水準になるなど非常に良い結果だったのに、NECのクドロー委員長が利下げ要請発言をしたからなのかISM非製造業景況指数が悪く米国10年国債利回りが低下したためなのかドル円が111.2円台まで下がったのでドル円買いでエントリーしたのですが、結局111.09円台までさらに下げて終了しています。

X君

はい、下がりましたよね〜、僕も買おうか迷ったのですが国債利回り低下は前夜もだったのでなぜ下がったのか分からなかったのでやめときました

 

理由がなく下げるのは何かあるのかなと嫌な感じがしたので。

 

そうしたら5日夜中にトランプ大統領の中国からの輸入品2000億ドルの関税を10日に10%から25%に引き上げるとツイートで、6日のオセアニア市場は110.7円台と大きく下に窓を開けて始まりました。

 

やはり大した理由がなく下げている時は情報が漏れているとか何かあるという相場感が当たったようです。

 

こういう時に理由がよく分からないのに買うのがFさんで買わないのが僕という違いがあるようですね〜、僕は10時ごろに110.4円台でエントリーできました!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!