Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者におすすめ!1日1時間をFXに使い、シナリオをノートに書く事を習慣化!


FX専業トレーダー以外の方は仕事を持ち、サラリーマンがほとんど!

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向け資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第6章「今井流FX常勝売買手法初級」の講義の8回目はサラリーマントレーダーの心得というお話ですね。

 

序章の「FX投資家適正度チェックと入門〜初心者にはスイングトレードがおすすめ!」の講義にあったように、仕事を持つ方は1日中相場に貼り付けないので、スキャルピングデイトレードには向いていないという事ですよね

 

そのため、スイングトレードのような1週間から1ヶ月が目安の中長期投資手法が中心になるわけですが、それでも1日1時間はFXのための時間を作ることが必要とのことのようです

 

28日に翌日の29日の3月年度末の東京仲値のことをすっかり忘れてオポチュニティロスにつながった私には、またまた頭の痛い話ですね。

 

FX入門〜初心者必見!1日1時間のFXのための時間には3パターンがある!

 

そしてその1時間はトレードに使うのではなく、ほとんどはトレードを行うための準備に費やすということですね。

 

X君

はい、先生はまず情報のチェックに15分から30分を費やすと書かれていますが、FX会社のニュースだけなら15分ぐらいで済みますけど、今井先生などの元プロの投資家のネット上での相場観見通し、Fさんが教えてくれた海外ニュースなどを読むとあっという間に30分ぐらいは経ってしまいます

 

そう考えると、通常のニュースだけを追っているだけなら15分ですけど、今後のシナリオを考えるためにコラムを読むときは30分は必要という感じでしょうか。

 

チャートのチェックは僕の場合はスイングトレードが中心なので日足がメインですけど、1時間足や30分足、東京仲値などで勝負する際には5分足や10分足なども見ています。

 

EMA中心にボリンジャーバンドMACDやストキャスなども一応チェックしています、時間は先生のおっしゃる通り15分から30分ぐらいかな〜

 

そしてプランを立てるのには30分ぐらいは使っているのかもしれません。29日もそうでしたが月末の東京仲値の時はディップで仕入れたいので、いつも前日からチェックしていて、このときは15分足と60分足を使ってエントリーポイントを決めました、エグジットポイントは仲値の場合は10時ごろでいいので、決める必要なくて楽ですよね。

Fさん

今井先生のおっしゃっている通りじゃないですか、X君が勝っているのはツキではないのだと前回に続きよく分かりました。

 

私の場合はかける時間でさえ決まっていなくて、暇なときや熱中したときにはたくさん時間をかけていて、そうでないときは全くかけないときもあります。

 

そのかけないときがなぜか28日のように重要なときで、熱中しているときがどうでもいいときというパターンが多い、機会損失や適当なエントリーなどでにツキを逃してしまっているからかもしれません。

 

FX入門〜初心者必見!1日1時間のFXのための時間はシナリオ作成を中心にする!

 

まして時間配分など考えたこともありませんでした。

 

コラムや英文ニュースなどで面白い記事を見つけると夢中で読んでなるほどと納得するのですが、翌日には忘れてしまっています

 

せっかく良い記事を読んだのなら、それを元にチャートをみてエントリーポイントを決めて、どの辺で逃げる、また利確するかのエグジットポイントを決めるシナリオ作りまでやらないと全く意味がないということですよね?

 

FX入門〜初心者必見!良い記事を読んだらシナリオを作りトレードノートに書き込み、帰宅時に必ず見る場所にノートを置くことを習慣化する!

 

今後は良い記事を読んだらチャートを見た上でシナリオをトレードノートに書き込み、小物置きなど帰宅時に必ず見る場所にノートを置いておく習慣をつけてみようかと

 

そこまでやれば面倒くさがりで忘れやすい私でも29日のようなことにはならないですよね、28日から29日にかけてのシナリオがすでにできていて、帰宅して寝る前にノートに気づくわけですから。

 

28日夜も帰宅時の110.4円ぐらいでエントリーできていたのではと思います

X君

そういうことだったのですね。

 

FX入門〜初心者は五十日と月曜、月末の東京仲値で儲け、IMM先物ポジションに注意!」ではあれだけ月末はロンドンフィックスよりも東京仲値の方が確実で、僕のおかげで五十日の東京仲値でうまくいっていたといっていたFさんがまさか期末の東京仲値でポジションを持っていなかったなんて、”なんで!”って感じでした。

 

ポジポジ病気味でいつもポジションを持っているのに。

 

結局、気分でポジションを持ったり、持たなかったり、ニュースやコラムも読んだり、読まなかったりしていたということですね?

 

ファンダメンタルズの理解とか、英語ニュースを熟読しているからなのか、すごいな〜と思うこともあるのですが、初心者のようなミスもしていて理解不能だったのですが、ようやくわかりました。

 

Fさんのような気まぐれな方がFXや株のような相場には一番合わないのではないでしょうか、入門者や初心者の方も気まぐれに取引することは絶対にさけるべきだとおもいます。

Fさん

 

そうですよね、「FX投資家適正度チェックと入門〜初心者はスイングトレードが無難!」の投資家的制度チェックにも気まぐれと、気分屋とかは入っていないので、今井先生でも気づかれていなかったということですよね。

 

自分が勝てないのはツキや運がないからだと思っていましたが、今回でようやくわかりました。

 

やったり、やらなかったり適当で、そのやらなかったときがなぜか重要イベントで機会損失ばかりで、「FX入門〜初心者は休むも相場を心がけ、運を逃さないようにする事!」に先生が書かれていたように運を逃していたということですね。

 

今日からは毎日1時間絶対にFXのための時間を費やし、直近のニュースやチャートから各通貨のトレンドを理解し、イベントについても頭に入れた上でトレードノートに翌日以降のシナリオを書き留めることを習慣化させます!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!