Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者におすすめ!米国経済指標では雇用統計と貿易収支が一番重要!


FXに影響する米国経済指標の入門〜初心者向け概論

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義「今井流FX相場観作成手法」の7回目からは、為替(FX)相場に影響を与える各国の主要経済指標に関する解説が始まりましたね。

 

第1回目は一番重要な米国の経済指標についてです。為替(FX)市場にとっては為替政策の変更がもちろん一番重要なわけですが頻繁に起こるわけではないので、次に重要な毎月発表される経済指標について解説されています。

 

A、B、Cと重要度でランク付けがされているので、わかりやすいですよね、先生はAは必須とされていますが、個人的にはBまでは重要という気がします。

 

まずは貿易収支がランクAとして紹介されていますが、これは米中貿易戦争の最中ですので、最近は雇用統計並みに重要になっていますよね

X君

雇用統計が一番重要で、発表時にはForexliveが入門〜初心者にも必須!

 

はい、米中貿易戦争が原因でしょうけど、中国の貿易収支と共に米国の貿易収支も日本でもマスコミに盛んに取り上げられていますからね。

 

米国雇用統計が一番重要というのは常識ですが、その中でも最近は利上げに関連するので、先生のいう非農業部門の時間あたり賃金が重視されていることも理解できてきています

 

だけど、賃金の上昇率の発表など日本の為替ニュースだと翻訳している時間差があるので、5分から10分後となってしまうので、雇用統計発表後にレートがどんどん変動するのですが、なんで動いているのかわかりませんでした

 

その点、FさんがFX入門〜初心者におすすめ!Forexlive等英語ニュースや元プロディーラーの情報が重要!」で紹介してくれたForexliveを見ていると、まず主要な失業率や非農業部門雇用者者数の伸び、それからすぐに時間あたり賃金の伸びも投稿されるので、すごく便利でした!

 

あれぐらいの短文でしかも雇用統計という決まった内容なので僕の英語力でも十分ですし、やはりLiveというだけあってすぐに結果がわかるのがいいですね、入門者や初心者の方にもおすすめです!

Fさん

FX入門〜初心者でも最近は消費動向や物価関連指標にも注意すべき

 

はい、X君がForexlive気に入ってくれて良かったです、雇用統計発表時には必ず見るようにしています

 

ところで、最近はFEDによる利上げが2019年は3回なのか、2回なのか、それとも利下げになるのかわからなくなってきましたよね。

 

そうなると、景気動向を把握するのに重要で先生の仰るように金利に影響する小売売上高と住宅着工件数はBランクですが、現在は為替(FX)市場にとってAランクと同じくらい重要なのではと思っています。

 

ミレニアル世代は、日本の氷河期世代と同じで、親と同居して家も持たなくなっているようですが、それでもアメリカに住んだことがある方なら分かるでしょうけど、日本の地方と同じでアメリカでは車は必須ですから、先生の言われる通り米国の消費全体を表すものである車と住宅の動きを今年は見なくてはと思っています。

 

同様の理由で、PPIとCPIも今年は為替(FX)相場にとって重要かなと、インフレに直結しますからね。

 

GDPについてもアメリカ経済が転換点にあることが注目されているので、やはりこれも要注目ですよね。

 

ISM製造業指数など全く見ていなかったのですが、いつかお話した通り昨年その後一気に相場が動いたので驚いたことで名前を覚えていました。

 

こうなると、現在は通常と異なる緊急事態なので、FX入門者や初心者の方でも、ほとんどの指標に注目しないといけなくなってしまいますね(笑)

X君

FX入門〜初心者注目!ポンド/ドルの行方は?

確かにそうなっちゃいますよね〜

 

ところで、ポンド/ドルは先週金曜日にクローズしたのですか?最近ノーディールブレグジットがなくなったということでFさんが「連想ゲームで相場観取得と債券王ガンドロック氏の19年相場予測」で紹介してくれたブルームバーグの記事の通りの展開になっていますよね。

 

3月の離脱延期の可能性が高くなった影響で1.30を目指すというニュースが日本のメディアでも目にするようになっています。

 

あの時点でロングを入れていたのは凄いですね、海外ニュースを僕も読むようにしようかと思っちゃいました。

Fさん

それが、金曜日あの後ポンドドルがなぜか100pips下がって1.285ぐらいになってしまったので、決済はしませんでした、それどころかさらに買いを入れたくなりました。

 

でもそれは危ないので、やめましたが、やはり1.299で一度決済しなかったのが失敗でしたね、そうすればディップで買えたので、上手く回転させることができていないことが大きく勝てない理由の一つだと感じました

 

現状も離脱延期で変更はないので、1.3手前で一度決済してまたディップで再参戦したいです。

 

2度目のレファレンダムになれば1.35でとあの記事にもありましたが、まだそういう展開ではないので、一度利確をして、次はそのラリーを狙いたいですね。

X君

 

そうだったのですね、確かに100pips下がったのなら仕方がないですね。

 

僕も再度のレファランダムが決まったら、トレンド相場になるはずなので、レートが今よりも高くても参入したいです!

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!