Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はG7、20後の月曜朝のフラッシュクラッシュと月末のロンドンフィックスに注意!


FXに影響する国際会議であるG7やG20には首脳会談と財務相会議の2種類ある!

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方「今井流FX相場観作成手法」講義の11回目は、FX相場に影響を与える国際会議、要人発言とロンドンフィクシングに関する解説ですね。

 

まずは国際会議であるG7やG20には財務相会議と首脳会談と2種類存在したのですね、特にG7はサミットと呼ばれることも多く、首脳会談の事だと思い込んでいました!

 

しかし、今井先生の本に出会ってから経済ニュースなどをより注意深く読んでいると、2018年麻生外務大臣が森友問題でG20財務大臣会議には出席を取りやめるとの産経新聞のニュースが目に入り、不思議に思っていましたが、ようやく2種類あるのだと理解できました。

 

そして、こうした国際会議が週末に開催されることも知りませんでした!

X君

G7、G20後の月曜朝の短期筋の仕掛け(フラッシュクラッシュ、ミセスワタナベ狩り)を今井先生が10年以上前に指摘している事に驚き!

 

はい、僕も2種類あることも週末に開催することも知らなかったですけど、基本週末をまたぐポジションは何かイベントがある時には持たないようにしているので、自分には関係ないや〜という感じだったのかもしれません(笑)。

 

それよりも、Fさんに第1章の「 FX入門〜初心者は新年、GW、お盆前はミセスワタナベ狩りに注意!」で教えて頂いたミセスワタナベ狩り、最近はフラッシュクラッシュという言葉の方がよく耳にしますけど、これについても今井先生が10年以上前から気をつけるように書かれていることに驚かされました!

 

特に、年末年始やGW、そしてお盆休みなどの長期休暇前に気をつけるということは先生かFさん?が教えてくれて分かっていたのですが、こうしたG7やG20の後にも気をつけなくてはならないということは初めて知りました!

 

まあ、基本的に僕の場合はこうしたイベントがあると知ったらノーポジにしているのでフラッシュクラッシュとかにあった事はないのですが、Fさんがミセスワタナベ狩りにあった2011年の東日本大震災以前からプロの間ではヘッジファンドの仕掛けという意味で知られていたという事なのでしょうか?

Fさん

はい、そうなのでしょうね、上記のフラッシュクラッシュの用語集にあるように2010年の米国株式相場の暴落によりできた言葉のようですから。

 

しかし、HFTのせいで起きた現象らしいので、HFT同様フラッシュクラッシュの歴史はそんなに古くはないと思います、先生は言葉が出来る前からご存知だったのかもしれませんね。

 

要人発言も為替相場(FX)に影響する!

次に、要人発言も為替相場に影響を与えるという解説ですが、これはポンドをトレードしている際に散々BOEの要人発言に振り回されたので、十分すぎるほど理解しています。

 

ここにある先生の解説を読んでいれば常時ストップロスオーダーを入れることで損失も限定できたでしょうし、感情的になり往復ビンタを喰らう事も防げたのではと思いました。

 

個人投資家にとって重要なのは値動きについていく事、つまり順張りをしなさいという事ですが、私が負け続けていたのはこうした際に逆張りをしていたからなので、毎度のことですが先生の本を読んでいればと悔やまれますね。

X君

ロンドンフィクシングは月末以外にトレードすべき、しかし3月1日深夜のロンドンフィックスはレパトリで円高?

はい、そうですよね、FXは逆張りではなく順張りが基本ですから〜。

 

次にロンドンフィクシングについての解説が続きますが、ここまで詳しくは分かっていませんでした。

 

東京仲値五十日にトレードするように、ロンドンフィックスは月末だけトレードすればいいと思っていたのですが、どうも違うようですね

 

概して円安傾向というのは東京仲値と同じなので覚えていたのですが、なぜ円安傾向なのかまでは分かっていませんでした。

 

月末にユーロ買いやドル買いで儲けることができたのはたまたまラッキーだったのですね、今後は気をつけなくちゃです。

Fさん

はい、本当ですよね。

 

私は「FX入門〜初心者は行動心理学で短期筋の行動を読み、チャートでエントリーポイントを探せ!」でも触れましたが月末のロンドンフィックスでは上手く行くこともありますけど、何度か失敗もしているので、ギャンブルだとようやく分かった感じです。

 

しかし、日本の投資家によるレパトリが想定される3月1日深夜のロンドンフィックスは通常と異なり円高になるケースがあると昨年の失敗で学んだので、今年はドル円を少しだけ買ってみようかと思っています。

 

ドル円が相変わらず強い!

それにしてもドル円は強すぎですよね、「FX入門〜初心者必見!スーパーサーズデー前にはポジションをクローズすべき!」では110円台前半で戻り売りをして、109円台後半で決済することを2月中は繰り返そうかと言いましたけど、1月13日15時半に110.58円で損切りしてしまいました。

 

12日に米国政府機関の再閉鎖が民主党と保守党に妥協が成立して日経平均、ダウ平均とも予想外に上昇し、本日の日経も連騰した上にダウ先物も上昇しているので、日経平均が15時にクローズしたのを見るまで待って決断しました。

 

USTRのライトハイザー長官とムニューシン財務長官が北京入りしたというロイターのニュースがあり、この二人の大物が予定通りに訪中するからには14日に会談である程度の成果が期待されるとのことでしたので、このビッグイベントの前に処分した次第です。

 

この会談への期待感からか豪ドル円も上昇してきたのですが、こちらはポジションも少ないし中期的には下落すると思うのでホールドしています。

X君

 

そうなのですね、Fさんは我慢強くないので、3月の日本企業のレパトリもあるので我慢して持つべきだと前々回でしたっけ、言いましたけど、確かに一時的にヘッジファンドの仕掛けで上がるかもしれないですね。

 

僕はラッキーな事にノーポジなので、15日の会談終了後に大きく上昇したら戻り売りするかもしれません。

 

だけど週末なので、チャートと相談してオーバーシュートだと確信できたらにします。

でも豪ドルにするか、ドルにするのかも迷っちゃいそうですけど。

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!