Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX口座を比較・開設してレバ1倍で外貨預金からシフトするの解説

FX口座を比較・開設してレバ1倍で外貨預金からシフトするの解説

登場人物


Fさん

この項ではまず、FXなどの外貨建て商品のメリットとして為替差益があり、その中でFXのみが円高になっても、つまりドル円で買いではなく売りからエントリーしたとしても、利益を狙える商品だと解説されています。

 

FXではまだ入門者やFX初心者の方でも、外貨預金や外貨投資信託、株式で分散投資されている方は多いと思います。

 

こうした商品は株高=ドル高のブル市場には適していますが、ベア市場になると損失を被ってしまいます。

 

そうした観点からは、売りから入れるFXは分散投資の一環として一考に値するというお話ですね。

 

X君は売りから入ることと買いから入ることとどちらが多いですか?

X君

えーと、あまり考えたことがないです。

 

下に行きそうだと売り、上にブレイクしそうだと買いでエントリーしているだけなので。はっきり分からないですが、同じくらいじゃないでしょうか?

Fさん



なるほどですね、売りに抵抗がないのでしょうね。

 

そこがFXから投資を始めたX君のような人達と私の違いかもしれません。

 

ミセスワタナベの特徴は、私が得意だった“逆張り”や“買いから入ること”だと聞いたことがあります。

 

ドル円が下がったら買いで入り、ずーっとポジションを持ち続けているというものです。

 

逆張りも、買いからエントリーするのも、どちらも株式投資家が慣れ親しんでいる手法ですので、日本のFX個人投資家はやはり私のように株式から転じた人が多いのかもしれませんね。

X君

そうなのですね、初めて知りました。

 

今井先生をはじめ、元プロの為替(FX)ディーラーの先生がたの本には、“FXは売りから”と書いてあるので、どちらかというとみなさん売りポジションを持つことが多いのかと思っていました。

 

でも、Fさんの話を聞いて、今年の前半に円高になったので個人のFX投資家が損失を出しているという記事を読んだのを思い出しました。

 

日本のFX個人投資家が“ミセスワタナベ”と呼ばれるようになったのは、もうだいぶ昔の話ですよね。

 

そうなると、FXがスタートした時期に株式から転じたFさんのような年配の投資家が買いや逆張りを好むのであって、その手法がミセスワタナベの投資方法として広まったのでは?

 

僕のようなFXしか知らない若い投資家は、基本は順張りで売りに抵抗もないので、ちょっと違いますよね。

Fさん

なるほど、また世代間格差の話ですね(笑)。

 

確かにX君のいうように、ミセスワタナベと一言で呼ばれていますが、株式からFXに転じた方も、FXから投資に入られた方も、若い方も年配の方も、男性も女性もいるのですから、一概に括れないのかもしれないですね。

 

株と異なり、人によって手法も様々なのかもしれません。

 

株だと下がったところを逆張りで買いで入って、さらに下がったらナンピンして、それでも下がったら塩漬けにして、数年経って元に戻ったら“やれやれ”という投資手法が一般的だと思います。

 

もちろん、順張りありますけど、半々ぐらいじゃないでしょうか。

X君

本当ですか?逆張りが順張りと同じぐらいとか、FXでは禁じ手のナンピンをするのが普通だとか、数年もポジションを持つとか、まるで別世界ですね!

 

FXの勉強をしないで自己流で株式のやり方でFXを始めたFさんがほとんど勝てたことがないというのが、ますます理解できました・・・。

Fさん

はい、FXと株式とがこんなに違うとは思ってもみませんでした

 

どちらもファンダメンタルズとチャートを使うわけで、扱うのが株か為替の違いだけだと思っていましたからね・・・・・。

 

でも、このサイトのおかげで逆張りやナンピンはほとんどしなくなったので、以前と比べると損失は急激に減りましたよ!もうFX初心者の域からは脱せたような。この調子でX君のような勝ち組に入れるように頑張っていきます!

X君

はい、頑張ってください!

 

ところでFさんは分散投資として外貨預金の代わりのようなリスクの低いFXもするべきではないでしょうか?

 

今井先生が図10を用いながら外貨預金とFXの比較をされていますよね。外貨預金の手数料が1ドルにつき往復2円に対し、FXは1銭以下と大きな差があります。

 

さらに、スワップ金利は通常は銀行の外貨預金の金利よりも高く設定されていますし、満期まで待たなくてもいつでも好きな時に受け取れます。

 

せっかくですからこの機会にもう一つFX口座を作られて、レバレッジを1倍にして為替差損リスクを外貨預金と同じにした上で、ドル円が110円を切った際などにポジションを持つというのはどうでしょうか?

Fさん

なるほど!

 

スワップ取引は興味がないので読み飛ばしていました。

 

それだと新しく作ったFX口座も活用できるし、分散投資にもなるし、少しドル円が落ちた時に押し目買いをすれば良いのでリスクは少ないですよね。それに一番取引量が多くてボラティリティの低いドル円なので安心だし、ドルの公定金利が2%と本来高金利通貨である豪ドルや英ポンドなど他の通貨よりも高いというのも絶好のチャンスということになりますね!

 

ディップした時に外貨預金の代わりにレバレッジなしのドル円ポジションを始めてみます!ありがとうございました!

 

FX はギャンブルだと思い込み、銀行に勧められるままに外貨預金を行なっている方にも、ぜひ外貨預金と同様の投資目的でFX口座を開設することをお勧めします。手数料も格段に安く、金利もお得です。特にSBIFXトレードは積立式の外貨預金に力を入れているようです。

 

FXでの外貨預金と銀行での外貨預金の比較~SBIFXの積立FX~

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。