Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX以外の外貨投資とその取引通貨の解説

FX以外の外貨投資とその取引通貨の解説

登場人物


Fさん

この項ではまず、FXにおいては基軸通貨であるドルの取引が圧倒的だという話から始まります。ドルを中心に取引されるので、豪ドル円を買う場合には、円を売って米ドルを買い、同時に米ドルを売って豪ドルを買うということが行われている、これがクロス取引だと説明されています。私は、クロス取引はクロス円など円がらみの取引だということしか知りませんでした。X君はご存知でしたか?

X君

いえ、僕はもちろん知りませんでした。Fさんでも知らないことなので経験の少ない僕が知っているはずはないじゃないですか〜。知識についてはFさんが上ですから(笑)

でも、勉強になりました。ドル円のスプレッドが小さいのは、ドルと円というひとつの取引だけだということと、流動性が高いという二つの理由があるからで、スプレッドは0.3〜0.4pips(銭)しかない。だけど、ポンド円や豪ドル円、ニュージーランドドル円のスプレッドがその倍以上の0.8pipsとか1.2pipsとかもあるのは、流動性が低いだけではなく、実は二つの取引を同時に行なっているからではないでしょうか?

Fさん

なるほどですね。私はスプレッドとか細かいことは気にしない性質なので気づきませんでしたが、言われてみると確かにそうですよね。二つの取引を行うのであれば、スプレッドが倍以上なのは当然ですものね。それに、ドル円以外ではユーロ円のスプレッドが一番小さくて、ニュージーランド円のそれが一番大きいようですから、これは各通貨の流動性によるということも納得できます。流動性の高い通貨ほどスプレッドが小さいということですよね?

X君

はい、僕もそう思いました。スプレッドも一番小さいわけですし、F Xでは取引量が一番多く、安定した動きのドル円からまず始めるようにと今井先生が書かれていますが、全くその通りですよね!

Fさん

はい、私もFXは最初はドル円で始めて、その時は1ドル=100円ぐらいでその後の円高がファンダメンタルズから予想できたので、そのまま置いておきました。計算上10円以上の円安にならないと強制ロスカットされることもないはずだったので。それが半年後のある1日だけ、というかアメリカ時間だけなのですが、瞬間的に110円を超えてロスカットされてしまいました。あれには参りました。実は当時日米で密約があり円高に進まない話ができていたとかで、その後は順調に円高が進み、80円程度まで行ったという記憶があります。

それでドル円は何かいやになってしまい、その後はイギリスの通貨であるポンドばかりを扱うようになり、負け続けましたね。前世がイギリス人だったのか、なぜかポンドに惹かれてしまい、毎年大金を献上していました(笑)。

X君

ポンドですか?ポンドは非常に大きく動くのでFX初心者には難しい通貨と聞いていましたが・・・・

Fさん

はい、全くそのとおりです。FX初心者の方には全くお勧めできません。イギリスは未だに階級社会でラグビーやイートンなどのパブリックスクール時代のお仲間がシティで金融機関に勤めていることが多く情報が漏れるためなのか、ポンドの場合は指標の発表の前に急に動くことがあるんです。上に動いたとしたら、指標発表後にさらに上に行く。今井先生の本も読んでいなかったし、株式投資の経験しかなかったので、つい逆張りで立ち向かい、コテンパンにやられていました。本当にこのサイトにあの時出会えていたらと思います。後の章で出てきますが、FXでは逆張りは悪手だとは全く知りませんでしたから。

X君

そうだったんですね!これだけ経済やFXの知識もあって、市場分析もできているFさんがなんでFXで10年勝ちなしだったかが、ようやく分かってきました。序章での会話では、少なくともたまには勝てるはずなのではと思っていたのですが・・・。ポンドだったのですね、それと逆張り!

僕はラッキーなことに今井先生をはじめ元プロの為替(FX)ディーラーだった方の本を色々読んでましたし、株はやったことがなかったので、逆張りはほとんどしたことがないんです。“FXでは順張りで稼げ”とどの本にもあったので。

Fさん

なるほど、株からではなくFXから投資の世界に入ったので逆張りはあまり分からないということですね。そういえば、今の若い方は株ではなくFXが投資の主流なのでしょうか?確かに、昨年ビットコインで大儲けをした人は若い方が多いと聞きますし、投資には世代間の違いがあるのかもしれませんね。

X君

ああ、ビットコインは若い世代が中心だという話は僕も聞きました。Fさんの世代が野球で、僕たちの世代がサッカーのように、確かに若い人がFXで年配の方が株というイメージはありますね。後、日本のFX個人投資家が海外で“ミセスワタナベ”と呼ばれているように、株は男性ばかりだけど、FXは主婦など女性の方も多いというイメージがあります。ビットコインはギャンブルとしか思えないので僕は全く興味がないですけど。

Fさん

珍しく意見が一致しましたね!世代間の投資の好みの違い、やはりありますよね。先日X君と出会ったセミナーに行くまではFX友達もいなかったのですが、確かに出席者には女性の方も結構いらっしゃいましたよね。

それと、私もビットコインには全く興味がないです、宝くじと同じというイメージです。あまりツいていないほうなので、ギャンブルはやらないほうがいいみたいです(笑)。それから、前世がイギリス人だからなのか?サッカーの方が野球より好きですよ!

X君

サッカー好きなのですね、W杯盛り上がっていますよね!まあ、Fさんはあまり普通の日本人っぽくないので一般論は当てはまらないのでしょうね。前世がイギリス人かどうかは僕には分かりませんが・・・・。

Fさん

はい、話がまた逸れちゃいましたが、FXでは初心者の方は安定しているドル円から始めるべきで、ポンドには手を出すなということですね!