Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX脱初心者おすすめ!失敗しない始め方・手法〜実需筋と個人〜解説

FX脱初心者おすすめ!失敗しない始め方・手法〜実需筋と個人〜解説

登場人物 


Fさん

今回の脱初心者のためのFXの失敗しない始め方の講義は、実需筋と個人投資家についてですね

 

実需筋と言われても何のことか分かりませんでしたが、輸出企業方は輸入企業である事業会社や商社のことだったのですね。

 

貿易に必要な実際の必要性から為替(FX)取引を行なっていることから名付けられたのでしょうか?

 

日本のある輸出企業に10年ほど働いていたことがあるので、事業会社と呼ばれていたことは知っていました。

 

通常は海外子会社からの特に3月の期末のレパトリエーションに備えての為替変動に対してリスクヘッジを行うので、円高要因になるわけですよね。

X君

はい、レパトリの時期については「FX脱初心者おすすめ!失敗しない始め方〜相場の季節要因カレンダ〜」で今井先生が詳しく解説してくれていますので、僕も理解できました。

 

しかし、リーズ・アンド・ラグスという言葉は初めて知りました。



 

まあ、現在は為替ヘッジが主流のようなので、それだけわかってればいいのですよね。

Fさん

はい、私でもリーズ・アンド・ラグスは知りませんでしたから。

 

ところで、数年前にある日本の輸出企業でM&Aを担当していて海外企業の買収に成功したのですが、その際には「FX脱初心者におすすめ!失敗しない始め方〜様々な直接投資の比較〜」で語られているように大量のドルを買収資金として手当することとなりました。

 

近年の日本では1. 異次元の量的緩和で資金が溢れている、2. 企業業績が良くてもボーナス増加で済ませ給与も上げずに自己資金を蓄えている、3. 日本の潜在的GDP成長率が低いので高成長を見込める海外企業に投資をする、などの理由で日本企業によるM&Aの規模が過去最高を更新し続けています

 

ブルームバーグの記事によると、2018年の日本企業によるM&Aは6年ぶりに中国を抜き世界1となりそうとのことです。

 

数兆円規模の武田薬品によるシャイアー買収など金額が巨大なM&Aしか報道されていませんが、実は数百億円規模、数千億円のM&Aは日常茶飯事に行われているわけです。

 

こうしたM&Aにより輸出企業も円安に貢献していることが近年のドルインデックスの高止まりに貢献しているのではないかと、今回の講義を読んでふと考えつきました。

 

シャイアーの例にあるようにイギリス企業買収のケースでも基軸通貨であるドル買いとなるケースも多いようなので

X君

なるほど、そうなのかもしれませんね。

 

中国株がピークから30%、原油が20%とベアマーケット入りの定義である20%以上下落していますが、ドル円だけはなぜか崩れませんからね。

 

11月23日にはついにWTI原油先物指数が1日で8%も下落、1年ぶりの安値である50.39となり、債券王と呼ばれるガンドラック氏が株式などのリスク資産の「炭鉱のカナリアと呼ぶビットコインが21日には4100ドルと昨年末の2万ドルから5分の1にまで下がっていますNYダウも7月以来の低いレベルにあります。。

 

ダウが24,000ドルを割ってくると、さすがにドル円も2月から3月のダウの暴落時のように105円方向を目指さないと違和感がありますよね。

 

GAFA株も、特にアップルがiPhoneの売れ行きがよくなく、部品サプライヤーの減産報道が相次ぎ大きく下げているのは、前回Fさんの話にも出ましたが僕でも知っています

Fさん

ビットコインについては、今年のサンクスギビングでは話題にしてはいけないというブルームバーグの記事がありました、せっかくの家族の集まりが暗くなるからでしょうね。

 

この「FX常勝方程式」では投機であるビットコインやエマージング通貨は推奨していないので、閲覧者の方には直接は関係ないでしょうが、炭鉱のカナリアの示す通りに株式市場がこれ以上下がることになると円高に進みそうなので、その動きを注視する必要がありそうですね。。

 

ドルについては、現在は、イギリスはブレグジット、EUはブレグジットとイタリアとEUとの対立、オーストラリアは中国経済の減速など問題を抱えているので、消去法でドルが強くなっているのでしょうが、米国株が2月〜3月レベルの年初来安値まで下がれば、105円になってもおかしくないわけですからね。

 

ところで、次のトピックはミセスワタナベですね。

 

FX口座を比較・開設してレバ1倍で外貨預金からシフトするの解説」でお話したように、個人投資家の特徴は、やはり逆張りと外貨買いのようですね。

X君

はい、そのようですね、僕とは違いますけど。

 

だけど、逆張りによって円高へのトレンド相場の流れが止まってボックス相場が長引いたり、反対に耐えきれなくなると、手仕舞い売りや強制ロスカットで相場の流れを加速化させているのだというお話は納得できました

 

そして、ミセスワタナベ狩りについても「FX初心者におすすめ始め方〜追証や会社比較、口座開設手法等〜解説」でFさんがユーロ円でやられた話とそっくりなので良く分かります

 

ヘッジファンドの仕掛けには今後も注意していきたいと思います!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。