FX(為替)の市場規模の解説

FX(為替)の市場規模の解説

登場人物 


Fさん

今回のお話は為替(FX)市場の大きさについての解説ですね世界3大市場がニューヨーク、ロンドン、東京というのは株式と同じで頷けたのですが、ロンドンの市場規模ががニューヨークより大きいというのには正直驚きました。株式では米国市場が市場の半分ほどを占める最大市場だという記憶があり、FXでも同じだと思っていたので

X君



はい、僕も同じです。GDPから考えても、ドルが基軸通貨であることからも、普通はニューヨーク市場が最大だと思っちゃいますよね。でもよくよく考えてみると、ロンドンフィキシングの用語解説にもあるように貴金属などの商品市場ではロンドンが世界1なわけですから、商品先物取引の一つである為替(FX)でもロンドンが一番なのは当たり前なのかもしれませんね。シティウォール街と並ぶ世界的な金融街と呼ばれていることが初めて分かりました

Fさん

そう言われるとそうですね。金融業界で働いたことはないですし、株式のことしか知らなかったので、シティがなぜそんなに重要なのか分からなかったのですが、ようやく理解できました。ありがとうございます!しかし、相場を動かすニュースが一番多いのはやはりニューヨーク市場という今井先生の説明でしっくりきました。個人的に今までの経験で、欧州時間よりも米国時間の方が相場が大きく動くという印象でしたので。市場の大きさと相場のボラティリティには相関がないということですね。

それから、東京市場がシンガポールや香港よりも小さいということも知りませんでした。三大市場とは名ばかりですね。日本の国力が落ちている象徴の一つのような気がして複雑な思いですね。今井先生のバブル崩壊と共に外資系金融機関も撤退していき、市場が縮小したという説明からもやはりシンガポールや香港に抜かれてしまったのだなと。

X君

東京市場が香港やシンガポールより小さいことには僕はあまり驚きませんでした。GDPでは中国が日本を抜きアメリカに次ぎ世界2位なわけですし、アジアのハブ空港としても、金融都市としてもシンガポールや香港が東京より上だというニュースはよく目にしていたので。やはり世代の違いなのでしょうか。

Fさん

そうあっさり言われてしまうと、返す言葉もありませんね。確かにオフィス価格比較でもシンガポールや香港どころか、上海まで東京より高いとか、ハブ空港としてはシンガポールのチャンギ空港がアジアで一番で羽田や成田はソウルよりもランクが下だという記事を読んだ記憶があります。日本がアメリカから敵対視されていた「Japan as NO.1」などという本がベストセラーになったバブル時代を知っているので日本がアジアではまだ一番だとどこかで思っているのかもしれません。でも気になってハブ空港について調べてみたところ、旅客数ランキングでは世界1が北京で羽田が3位となっていました。しかし、これは国内線の旅客数を含めてなので国際線の旅客数でランク付けするハブ空港の定義とは異なるみたいですね。また、施設の使いやすさや綺麗さなどで比較した空港ランキングでも羽田がシンガポールとソウルに次いで世界3位に入っているので何か気分が晴れました。

X君

そうなのですね!確かに嬉しいですよね。海外からの旅行者は毎年増えていますし、おもてなしや文化や自然に惹かれたリピーターも多いらしいですし、これから挽回できるのでは?それに、アジア全体では成長しているわけですし、今井先生の解説では、東京を含めたアジア時間で世界の為替(FX)市場の20%を占めて十分な流動性があるということなので、別に一番じゃなくても問題ないですよ。
ところで、日本市場での取引がクロス円が中心だという説明がありましたが、やはりユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルなどのドルがらみの取引は日本では少ないということのようですね。ミセスワタナベが取引の半分ほどを占めているからなのでしょうか?

Fさん

そうなのでしょうね。プロの為替( FX)ディーラーならばユーロドルはもちろん、ユーロ/スイスフランとかポンド/豪ドルなどのマイナーなクロス取引も多く手がけるでしょうから。そういえば、「FX(為替)相場の季節要因〜海外市場の特徴〜の解説」でお伝えたしたようにユーロドルをロングしたのは失敗でしたが、ユーロ/ポンドのショートで150pips、ポンド円の148.3から147.3のショートで100pips、ポンド/豪ドルの1.795から1,815のロングで200pipsの利益を確定しました。ポンドは最近ブレグジットがらみのニュースで急騰したり急落したりしていますが、何も決められないハードブレグジットか、ある程度の交渉が進展するソフトブレグジットかの方向性が決まるのは11月です。それまでは動いてもあくまでもレンジの範囲内なので安心です。ポンドに大金を投資してきたのがようやく実った感じで嬉しいです。まあ、今井先生の勧めているトレンド相場での勝利ではありませんが、最近のレンジ相場の中ではボラティリティが高いクロスポンド取引は効率的です。もちろんポジションは小さく、ストップ・ロス・オーダーはしっかり入れていますので、ローリスク・ローリターンですけど。

X君

またポンドですか。僕にはまた投機に戻っちゃったようにしか聞こえないのですが、まあ、以前と違ってポジションも小さくてストップ・ロス・オーダーも入れているのならありかもしれないですね。

ところで、個人投資家が一人で市場と戦うのは無理だというお話はよく分かっているつもりです。特に最近はCTAなどのアルゴ取引で相場が大きく動くので、ますますないですよね。

Fさん

はい、おっしゃる通りです。ミセスワタナベの力は全て合わさると市場の取引がクロス円取引中心になるなど大きいのでしょうが、今井先生が解説してくださったように、一人一人の力は小さいですし、集団で同じ瞬間に売買するなど不可能ですからね。しかも為替市場の1日の取引高が5兆ドルだそうですが、FXでは500兆円以上の金額が1日で動くということですよね。想像できない金額ですが、とてつもなく大きな金額が動いているということは理解できました。個人が市場に太刀打ちするなど不可能ですね。

このことを理解した上での収益確保の方法を考えなさいとのことですが、私はもう逆張りはこりごりなので、ヘッジファンドなどによって一方向に相場が動いた時はすぐに損切りをするか順張りで流れに乗るように気をつけています。FXでは流れに乗ることが一番ですよね!