Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者必見!〜FXではすべては自己責任!〜の解説

FX入門者〜脱初心者必見!〜FXではすべては自己責任!〜の解説

登場人物 


Fさん

今回はFXも含めた投資はすべて自己責任というお話ですね。

 

これについては門者から脱初心者を目指す方まで含めて、誰もが通る道だと思います。

 

投資に限らず、何かが起きると、人間というものは他責にしたい、そうすることで気分が楽になるからです。

 

しかし、投資については、最終的には自分が決めることなので自分の責任だということは頭では理解できているつもりですが、体で理解できているかというと、あまり自信はありませんね。

 

X君はいかがですか。

X君

そうですね、体でも完全に理解できているかというと、いつもと違って断言できないかも。

 

元プロの為替(FX)ディーラーの方の本から身についているので、有名なストラテジストやエコノミストの話を鵜呑みにしないことは、できていると思います。



 

でも、ヘッジファンドなどのおかげで変な動きをすることがあると、やはり相場のせいにしてしまいたくなることはありますよね。

 

例えば最近のトルコリラの動きなど、僕はポジション持っているわけではないので関係はないけれど話題なので動きを追っていたのですが、何もいいニュースが出たわけでもないのに2日間で15円台から19円台に上昇したのは謎ですよね。

 

その間のレンジで強制ロスカットされた方からしたら「やってられない」と思われても仕方がないのでは。

 

でも、例えばお盆休みには市場参加者が減って閑散となるとなる東京マーケットを狙って短期筋ミセスワタナベ狩り?を仕掛けて円高になるというアノマリーがありますよね?

 

今年もたまたまトルコリラ騒動があったからなのか分かりませんが、ユーロドルは128円半ばから125円半ばまで、豪ドル円は82円半ばから79円半ばまでそれぞれ300pipsも円高になりましたよね。

 

ドル円は今年は強いのでほとんど動きませんでしたが。こうしたアノマリーが分かっているのに行動できなかったのとしたら自己責任ですよね。

Fさん

確かに!

 

アノマリーを分かっていて動けないというのは私の欠点ですね。

 

仕事などに気をとられていて、何か相場が動いているなと思ったら、あれ今日って5,10日の東京仲値や月末のロンドンフィキシングだなどということはよくありますね。

 

オポチュニティー・ロスばかりです。

 

それにしても、お互い著名なエコノミストやアナリストの話を鵜呑みにしてその方のせいにすることはないですけど、やはりヘッジファンドなどの短期筋のせいにはしたくなりますよね(笑)。

 

相場が不可解な動きをしますから。

 

特にヘッジファンドの中でも自動的に売買を行う巨大なアルゴ取引を用いたCTAが主流になってきてからは、ますます相場が突然一方向に動き出すので。

 

しかもファンダメンタルズとは逆の動きをすることも多い

 

そうなるとますますメンタルを鍛えて、行動経済学を勉強して、相場観よりも相場感を磨かなければという話になりますよね。

 

それと、FX入門者〜脱初心者必見!〜相場を読むとバイオリズムが重要〜」にあったようにバイオリズムもウォッチした方が良さそうですね。

X君

はい、今井先生のおっしゃるように、自分がこの人だと決めた先生、しかも数人をお手本にして、その方々の意見を参考に自分で決める、決める際にはヘッジファンドなどの動きを予測して自分で判断するということ。

 

そしてバイオリズムなどで自身の調子がいいか悪いか、ツキがあるのかないのか、などを考慮して調子悪そうだったら休むも相場だということですよね。

Fさん

実は中国の上海株式市場が下げ止まらないので80円台前半で豪ドル売りで再度エントリーしたのですが、少し上がっています。

 

FX入門者〜脱初心者にお勧めの主要通貨比較〜ユーロとポンド等〜」にあるようにオーストラリア経済は中国経済の動きを受けることから決断しました。

 

しかし、「FX入門〜脱初心者はトレードでは最初のプランを遵守するべき!の解説」でお話ししたように、豪ドルがなぜか強いことは気がついていたのです。

 

少し育ってきた相場感が「豪ドル売りはダメだよ」と囁いてくれたのに、昔ながらの相場観に頼ってしまいました

 

完全に自己責任です。

 

自己責任だとは体でも半分程度は分かってはいるつもりですので、やはり私の問題は相場感がまだまだでヘッジファンドなどの動きを読めていなく、まさに今井先生の書かれているように「こんな局面で下がるのはおかしい、マーケットが間違っている」と思ってしまうアナリスト気質が抜けていないところだと思います。

 

今後は相場観よりも行動心理学や相場感を重視するように心がけたいと思います。

X君

失敗することについてこれだけ考えられるようになったのですから、FX入門者〜脱初心者はFXトレードスタイル確立までは少額で!」で先生が語られていた守破離の破の域に到達するのももう少しではないでしょうか?

 

そうなったら一気に収益が改善するはずですから、頑張りましょう!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。