Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FXトレードでは最初のプランを遵守するの解説

FXトレードでは最初のプランを遵守するの解説

登場人物 


Fさん

今回は、前回も話題となった序章の「FX向きのタイプと性格に合った投資方法の解説」で私が直すべき欠点の一つとしてあげていたFXでは“初志貫徹”ができていないとダメだというテーマですね。薄々は気づいていたことなのですが、このようにはっきり指摘されると、ますます直さねばと思いますよね。

X君

そうですよね。でも、前回の会話でもちゃんと認識されていたので、もう大丈夫なのでは?

Fさん

はい、実は上手くいきました。「FX主要通貨〜ユーロとポンドと豪ドル〜の解説」での対話で豪ドル売りのエントリーをトライしてみたいという話をしましたよね。2018年8月4日夜に米中貿易摩擦が激化するとの報道が流れました。アメリカが2000億ドルの追加関税を実施したら600億ドルの報復関税を行うと中国がアナウンス、その1時間後にアメリカの国家経済会議(NEC)のクドロー委員長がトランプ大統領が引くことはない、中国は株も通貨も下落、人々も海外に逃げ出していると発言しました。上海株も下げ続け、2800ポイントを割っていたので、これは豪ドル安だと豪ドル円を82.2円近辺で初めて売ってみたのですが、なぜかその後上昇していました。8月5日のRBAの政策決定会議も予想通り1.5%で金利は据え置きだったのでシナリオ通りだったのですが。しかし、今回は焦らず、初志貫徹してチャートの節目である80円後半をエグジットポイントとしてホールドしていました。もちろん、ストップ・ロス・オーダーも入れました!そして、8月10日、80.8円まで下がったので利確できました!

ただし、他のクロス円に比べると、豪ドル円はあまり下がらなかったので利益は小さいですが……。クロス円ががここまで下がったのはヘッジファンドが仕掛けたという噂です。特にトルコリラが15時過ぎに僅か数分で19円台半ばから17円台半ばに一気に2円も暴落しました。これは「FX 追証とロスカットルール、FX口座開設等の解説」で説明したミセスワタナベ狩りだと思います。トルコリラを買っている方々には用語解説はもちろん、「FXの特徴〜レバレッジ、スワップ金利等〜の解説や「FXで取引できる通貨とその特徴の解説」、ツイッター


も含めずーと忠告してきたのですが・・・。私も以前ミセスワタナベ狩りで強制ロスカットされたわけなので、狩られた方の気持ちは分かりますから。お役に立てなくて非常に残念です。

X君

ジブリの呪いってあるんですかね?ただの都市伝説だと思ってたんですけど・・・・。欧州時間に入ってからは19円ぐらいに戻していたのが、エルドアン大統領が20時からの演説で対処策を打ち出すどころか、アメリカへの外貨をトルコリラに換金するように呼びかけるなんて・・・。トランプ大統領がトルコからの鉄とアルミニウムの関税を倍にするとツイートして16円台まで落ちて過去最安値をさらに更新しましたよね。

Fさん

?ジブリって何の話ですか?はい、トルコリラ暴落でヨーロッパの銀行は大丈夫かという話になり、ユーロが2円も落ちて126円台になるなんて思いも寄らなかったですね。売るなら豪ドルだと思っていたのですが。まあ、コツコツですがドカーンは無くなったので良しとします!

 

話を本題に戻しますと、今井先生のおっしゃるように私がFXで初志貫徹できていなかったのは、主観的になってしまっていたからだと理解できましたエントリーがいつもいい加減だったのと、あまりついていない方なので、大体相場が自分の予想と逆になることが多いのですが、含み損が増えてくると客観的ではなくなってしまいます。先生のおっしゃる泥沼の状態ですね。まあ、強欲というケースではなくてキリスト教の七つの大罪を犯しているわけではないので人間としてはマシなのですが・・・・。FXではさらに駄目ということですよね。

X君

はい、やはりFXではエントリーポイントで勝ち負けの半分が決まるということが実感できますね。Fさんの場合はポジポジ病だったことがエントリーがいい加減だった主な理由なのでは?ポジポジ病が治ったのならもう大丈夫ですよ!

Fさん

確かにそうですね。最近は上述の豪ドルのように、本当に自信がある時以外はエントリーしなくなりました。そして自信があるというのは、まさに今井先生が「FXの規範はファンダメンタルズ、テクニカルと行動心理学」でおっしゃっているテクニカルファンダメンタルズ行動心理学(行動経済学)のうちの少なくとも2つが、理想的には3つが一致した時になるわけですよね。なんかこうやって書いてみるとあまりに簡単なことなので、何故自分は10年間も学べなかったのだろうといやになってきます。

X君

10年前に本屋さんに行かれた時に、もっとじっくり時間をかけて今井先生など元プロの為替(FX)ディーラーの方の本を見つけるべきだったということでしょうね。でも、今は学べたのだから良かったですよね。これからも一緒に頑張りましょう!