Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NT倍率


NT倍率は英語ではなく、和製英語です。

 

日経平均株価をTOPIX(東証株価指数)で割った値で、この2つの株価指数の頭文字からNT倍率と呼ばれています。

 

両指数間の相対的な強さを示しているわけですが、近年は日銀によるETF買入策により日経平均が崩れず、TOPIXは崩れているため、NT倍率が急上昇する展開となっています。

 

かつては日経平均が採用銘柄がハイテク株中心でTOPIXは東証一部上場銘柄全体を表すので内需株中心で、ハイテク株が買われるとNT倍率が上昇すると言われていました。しかし、近年は小型のIT系のマザーズ銘柄の多くが1部に繰り上げ上場され、状況が全く異なっています

 

一般の方は日経平均が日本の株価を表すと思われていますがその実態は225の採用銘柄の平均であり、近年はソフトバンク、ファミリーマート、ユニクロなどの値嵩株の影響とETF買入策による歪みが多く海外の投資家は東証一部銘柄の合計の時価総額を過去の値と比較したTOPIXこそが日本を代表する株価指数だとして重視しています。

 

2018年10月の株価暴落以来、日銀が再びTOPIXよりも日経平均株価指数のETF買入政策を進めているようで、NT倍率は2019年になり急上昇し、ブルームバーグの記事によると、2019年5月9日にNT倍率が2000年以降最大の13.8倍を更新したとのことです。

 

TOPIXは2018年1月を起点にダウントレンドとなっている一方、日経平均は20,000円をキープする動きが続いています。

 

ご自分が保たれている日経平均の個別銘柄は振るわないのに、新聞やテレビで発表される日経平均株価はそれほど悪くなく、自分は株式に向いていないのかと思われている方は日経平均よりもTOPIXの動きを注視された方がいいでしょう。

 

NT倍率がどこまで上昇するのかをウォッチする必要があるでしょう。

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!


↓クリックしてランキングにご協力お願いします。


にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村



為替・FXランキング