Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PDCA


Plan(計画)、 Do(実行)、Check(評価)、ActまたはAdjust(行動または適応)からなる英語の頭字語がオリジナルです。英語では提唱したシュワート氏やデミング氏にちなんで、シュワートサイクル、デミングサイクル、デミングサークルとも呼ばれます。Plan(計画)、 Do(実行)、Study(学習)、Act(行動)からPDSAとも言われるようです。

 

日本では第2時大戦後に生産管理の父として知られるデミング賞でも有名なデミング氏が来日後に多くの企業で取り入れられたとのことですが、日本語ではなぜか最後のActまたはAdjust(行動または適応)がAction(行動すること)という名詞に切り替わりました。英語力不足でdoの名詞がdeedだと知らず、全て名詞だと勘違いしたからでしょうか?

 

日本のサラリーマン社会では誰もが知っている業務改善プロセスを指します。過去の業績や将来予測を元に計画を立てるPlan(計画)は、今井先生の仰る独自のシナリオを立てると一致します。

 

Doはその計画に沿って業務を遂行することですから、FXではシナリオ通りにトレードをすることです。

 

Checkはシナリオ通りに行動できたかをチェックすることですから、FXではトレードノートをつけて収益だけでなく、なぜ成功できたか、特にどうして失敗したかを検証することです。

 

そして日本語ではActionですがシュワート氏やデミング氏が本来提唱したのはAdjustまたはActですから、トレードノートから過去の失敗を学び、改善・適応した後に再度トレードをすることになります。

 

このように考えると、FXで勝利する秘訣はPDCAの実行となるので、PDCAで成果を上げてきた優秀な生産管理技術者やビジネスマンの方にはFXは向いているということになるかもしれませんね。