Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX ドットプロット


英語ではDot plotでそのまま日本語となりました。元々は統計用グラフの一つであり、棒グラフのように棒で値を表すのではなく、ドット、つまり、点で値を表すものを指しました。点で表すという意味では散布図の一種ですが、棒グラフのようにテータを縦軸に表す点が異なります。

 

そこから転じて、経済用語としてはFOMC後に発表される米国の政策金利見通しを意味しています。金利見通しを点で表現していることから名付けられました。

 

2018年12月19日のFOMCでFRBは政策金利を2.25~2.5%へと0.25%の利上げを行いましたが、2019年の金利引上げ回数は前回の3回から2回へと引き下げ、2.75%~3%を目標金利としました。

 

2019年12月19日発表のドット・プロット:出典 ブルームバーグ
2019年12月19日発表のドット・プロット:出典 ブルームバーグ

 

これは概ね予想通りだったのですが、S&Pが年初来安値を更新中の中で利上げを実行し、ドットプロットも2019年1回ではなく2回だったために、米国株式市場はパウエル議長の講演後上昇から下落に転じ、翌日の日経平均株価も600円以上下げ10日のTOPIXに続き遂に年初来安値を更新しました。

 

その結果、ドルインデックスが急落し、ドル円も2ヶ月ぶりに112円を割り込み、ユーロドルも11月も戻り高値を超え、1.14台後半へと上昇しました。

 

そして2018年末にパウエル議長がトランプ大統領の圧力や株価暴落の影響なのか2019年のドットプロットを1回に変更する発言、年末から3月にかけて米国株価は上昇を続けています。さらに3月20日のFOMCでは19年のドット・プロットを0回に変更、保有国債の縮小であるバランスシート縮小も5月からは毎月最大300億ドルから150億ドルに半減し、9月に終了するという予想外のドビッシュな内容となり、111円台で推移していたドル円は110円台に急落しました。

 

このようにドット・プロットはFX 市場に大きな影響を与えることがあるので、FX入門者や初心者の方もFOMC 後には政策金利だけでなく、こちらにも注意を払うことを習慣づけましょう!

 

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!


↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング