Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX スイングトレード

英語ではswing trading。数日から数週間の間ポジションを維持する中期のトレード手法です。日本では数ヶ月の場合もスイングトレードと呼ばれることもあるようです。ちなみに、アメリカでは、数週間から数ヶ月、時には数年のポジションを持つ投資法はposition tradingと呼ばれ区別されています。

 

途中には当然、アップダウンがあり、含み損を抱えることもあるので、我慢が必要となります。反面、デイトレードと異なり1度に100pips(円がらみの取引の場合は1円に相当する)以上の大きな利益を目指しますので、ポジションをより少なくして含み損も大きくならないなどの工夫が必要です。例えば、100pips予想と逆に相場が動いても損切りにならないようなレベルに逆指値注文を置けるように、ポジションを調整するということです。

 

デイトレードが30分足までを使用していたことからお分かりいただけると思いますが、スイングトレードでは1時間足、4時間足、8時間足、日足や週足を指標として用います。運用期間が数日から数週間(日本では数ヶ月)と幅がありますので、使われる指標にも幅があるということです。

 

デイトレードという言葉が一般にも流布しているので、FX はデイトレードが主流だと思われていたかもしれませんが、実はこのスイングトレードが一般的です。また、相場に張り付けないサラリーマンの方にもオススメです。この「FX常勝方程式」でもスイングトレード中心に解説してあります。

 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。