Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FOMC 初心者おすすめ入門・始め方用語集【FX常勝方程式】


英語でFederal Open Market Committeeの略で、連邦公開市場委員会のことです。アメリカの中央銀行であるFRB(連邦制度理事会)の理事7名やニューヨークなど主要地域の連邦準備銀行総裁5名で構成されています。

 

年8回、2日間に渡り開催され、最終日には政策金利が発表されるので、FX投資家にとっては非常に重要な会議となっています。前回2018年6月13日(日本時間14日午前3時)の発表では政策金利が2%に引き上げられました。また、今後は発表後にFRB議長の講演も行われることとなりました。

 

9月にも利上げが実施され政策金利は2.25%となりましたが、10月の株式の暴落にもあり新任のFRB副議長からハト派発言が出るなど利上げ打ち止めムードが出てきています。

 

2019年の利上げが2回で終了するなどが示唆されると、10年来の高値をつけているドルインデックスが下落するとの意見も出始めました。12月の2.5%への利上げは織り込み済みですが、FOMC後のフォワードガイダンスが注目されています。結果としては2019年12月19日のFOMCでは0.25%の利上げ、2019年のドットプロットも3回から2回と予想通りでした。

 

しかしその後の株価暴落やトランプ大統領からのプレッシャーにより、パウエル議長が年末に突然のハト派転換で利上げ回数は1回に、利下げの噂まで飛び出し、新興国からのレパトリも止まるなど投資環境は一転しました!FOMCだけでなくFRB高官発言からも目を離せないですね!

 

そして2019年3月20日のFOMCではドットプロットは1回、国債買い上げによるバランスシート縮小も買上額を5月から最大300億ドルから150億ドルに半減、9月には終了というドビッシュな内容で、ドル円相場は111円台から110円台に下落しました。

 

FX初心者の方はFOMC前にはノーポジがオススメです!

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!