Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

G7

英語のgroup of sevenの略です。アメリカ、イギリス、フランス、西ドイツ、日本の民主主義を唱える西側主要5カ国によるG5にイタリア、カナダが加わってG7となりました。一時はロシアも加わりG8となりましたが、2014年に起きたロシアによるウクライナ領であったクリミアの自国領への併合後にロシアが排除され、現在は再びG7となっています。また、実際は7カ国だけでなく、欧州連合(EU)の代表も参加しています。

 

元々は7つの先進国のことを指すのですが、G7による会議という使われ方が多く、G7というと主要7カ国首脳会議というイメージがあります。英語で頂上を意味するsummitの直訳であるサミットとも呼ばれています

 

G7には首脳会議の他に財務大臣会議もあります。先日安倍首相が出席したのが首脳会議、麻生財務相が出席したのが財務相会議で、どちらもG7と呼ばれ紛らわしいですよね。

 

首脳会議は年に1度、議長国持ち回りで開催され、開催時期に重要とされた国際的な政治、経済課題が討議されます。2018年は6月にカナダで開催され、雇用、貿易、環境、性の平等などあらゆる問題が話し合われましたが、G1対G6と揶揄されたように、アメリカの鉄鋼・アルミニウムに課した関税問題で紛糾しました。貿易戦争が危惧されています。

 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。