Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

金利/政策金利


いわゆる利子や利息のことです。英語ではinterest rateと言います。金銭の貸借により支払われるまたは支払う対価のことで、%で表されます。

 

通常は金利が低い国の通貨が売られ、高い国の通貨が買われます。しかし、金利が急激に上昇すると株価へマイナス要因となり、通貨安となってしまいます。2018年2月に米国の長期金利が3.25%となり株価が大きく調整したのは記憶に新しいでしょう。

 

この金利差による通貨高は、あくまでも、適度なペースで金利が上昇し、株価に悪影響を与えないということが条件となります。

 

この数多くの種類がある金利のうちで、中央銀行の政策会議で決定される中央銀行から銀行へ貸し出す際の基準となるものが政策金利と呼ばれるもので、日本では公定歩合と同義です。基本的には、景気が良ければ高く、悪ければ低く設定されます。

 

10年以上の期間の長い債権や負債の金利が長期金利で、特に10年債は住宅ローンや貸付の基準となるもので非常に重要です。

 

FXにおいても、各国の国債の長期金利、特にアメリカの10年債の利回りが日々のFX動向を占う上でよく登場します。ドイツとアメリカの10年債の利回りの差も、ユーロドルの値動きでは重要です。

 

また、ドイツとイタリアやスペインなどの利回りが開くとリスクオフとなりユーロ安となるので、これも要注意です。近年はイタリアの財務問題が注目されているので、ドイツ債とイタリア債の利回りさが特に重要となっています。

 

入門者や初心者の方は、政策金利と長期金利を混同しないように気をつけてください。

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。