Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX エントリー

欧米人にも通じる正しい英語と思われがちですが、実は英語のEntryという名詞、“入場”から名付けられたと思われる和製英語です。意味は、相場に入ること、つまり通貨ペアを買うか売るかのどちらかを選択して、ポジションを持つことです。例えば、109.5円でドル円を買いでエントリーしたというように用います。

 

ちなみに、英語では単にEnterという“入る”という動詞が用いられ、Enter the marketとなります。

 

How to find forex entry trigger?(和訳するとFX相場に入る銃の引き金=きっかけをどうやって見つけるか)やHow to look for forex entry signal?(和訳するとFX相場に入るサインをどのように探すか)などの使い方はありですが、Entryを連発するのはなしです。

 

相場がどのような動きをするのかシナリオを組み立て、チャートを睨みながら、ファンダメンタルズを気にしながら、そしてヘッジファンドなどの動向を考えながらどこでエントリーするか。このエントリーポイントによって、FXで勝利できるかの半分は決まると言ってもいいかもしれません。

 

このエントリーポイントを見極めることも「FX常勝方程式」の最重要公式のひとつでしょう。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。