Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

MBA

Master of Business Administrationの略語で、日本語では経営学修士。大学と同様にマーケティング、ファイナンス、アントレプレナーなど専門を選ぶことができ、欧米では企業トップに就任するための必須タイトルと言われています。

 

特に米国では重要視されており、ハーバード大学、ウォートン・スクール(ペンシルヴァニア大学のMBAスクール名)、スタンフォード大学などが有名です。トップ20スクールが毎年ビジネスウィーク、ブルームバーグなどで発表されています。毎年発表の時期になると、在校生だけなく、卒業生もそわそわ、わくわくするそうです。

 

MBA、MBAとすぐ威張るので、Married But Availableの間違いでは?という冷ややかな意見もあるとか。日本では外資系以外ではほとんど重要視されておらず、かえって妬まれるとかいう噂もあるようです。

 

日本でもバブルの時代(1990年代前後)には金融機関を初めとして欧米の一流MBAに社員を派遣することがブームとなりましたが、バブル崩壊以降は下火となりました。

 

その後は、私費での留学生が多くなったのですが、私立の大学が多い欧米では、授業料だけでも2年間(MBAは通常は大学院であり2年間)で平均10万ドル(1000万円以上)もかかり、日本の企業に就職するのならメリットもほとんどないためか、日本からのMBA留学は減少の一途を辿っています。代わりにアジアからの派遣元として浮上したのが中国であり、日本の将来が慮られます
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。