Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

RSI

英語のrelative strength indexの頭字語です。日本語では相対力指数とも呼ばれます。その言葉通り、相場が相対的に上昇基調なのか下落基調なのか、買われすぎなのか売られすぎなのかを示す指標です。オシレーター系の代表的なテクニカル指標の一つです。

 

過去一定期間の間の相場の変動幅の中で相場の強弱を判断します。変動幅の50%より上なら相場は強く、特に70%または80%以上の場合は買われすぎと判断されます。反対に50%以下なら弱く、30%もっと正確には20%以下では売られすぎとなります。

 

RSIはボックス相場の際には効果を発揮しますが、トレンド相場になると、買われすぎと判断されようが相場はどんどん上昇、売られすぎでも下落していくので、使い物になりません。EMAMACDなどトレンド相場向きの他の指標との併用が必要です。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。