Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

OCO注文

英語ではOne-Cancels-Other orderの略です。直訳では一つの注文が他の注文をキャンセルするとなります。つまり、二つの注文を発注しておき、片方の注文が成立したら、もう片方の注文はキャンセルされるという注文方法です。OCO注文は、新規注文と決済注文のどちらにも利用できますが、通常は決済注文で使用されるので、その例で説明しましょう

 

2018年9月4日現在のドル円相場は1ドル=111円50銭です。7月31日には112円をつけていましたが下げ続け、8月21日に110円を割り込みましたが、その後は上げに転じています。こうした動きや過去のチャート形状、つまりテクニカルから現在の短期の相場を110円から112円のレンジ相場と判断できたとしましょう。そこで、まず区切りのいい112円の少し手前の111円90銭で売りでエントリーするという注文を出しました。その後110円に向けて下げるが、前回の安値でサポートライン引けて区切りのいい110円には機関投資家の買いが並んでいると考え、110円20銭で買い戻す指値注文を入れました。しかし、予想と反して上昇した場合のリスクを考え、大きなレンジ相場の上限となっている113円がレジスタンスラインとなっているので、その少し上の113円10銭に損切りの逆指値注文を同時にオーダーしました。

 

相場が予想通りに下落した場合は、110円20銭になれば買い戻しの手仕舞い注文が確定し113円10銭のストップ・ロス・オーダーは取り消され、170pipsの利益を出せることになります。反対に、予想に反し上昇した場合には、113円10銭の損切り注文が確定、110円20銭の買い指値注文は消失します。しかし、損失は120pipsに抑えることができるわけです。つまり、利益幅は大きく設定し、損失幅は小さく設定するのがコツです。もちろん、チャートと相談しながら決めるわけですので、そうすると自然にエントリーポイントも定まり、ポジポジ病も治ることとなります。

 

そこで、IFD注文で新規注文を行い、OCO注文で決済注文を行うのがIFDOCO注文です。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。