Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FRB/FED/連邦準備制度理事会


英語でFederal Reserve Boardの略語、連邦準備制度理事会のことです。アメリカの中央銀行にあたり、理事長を中心に7名の理事から構成されています。

 

米国でも混同されているためか、日本でもFED(フェド)という言葉がよく用いられますが、これはFederal Reserve Systemの略であり、アメリカの中央銀行制度である連邦準備制度そのものを指すことになります。

 

FEDが動いたという言い方がよくされていますが、動くのは、制度ではなく理事会なので、厳密にはFRBの間違いです。しかし、そこまで厳密に使い分けている方はアメリカでも少なく、FEDFRBどちらでも問題ないと思われます。

 

中央銀行ですから日銀同様その主な業務は、国債などの売買による公開市場操作、金融政策の実施、市中銀行の管理と規制となります。 また、ニューヨーク、ボストンなどの主要12都市にある連邦準備銀行を統括する組織でもあります。

 

この12都市の連邦準備銀行から選出される5人の総裁とFRBの7人の理事からなる金融政策の最高決定機関がFOMCです。

 

今井先生によると、FXにとって最も重要なのが米国の為替政策です。それを決定するFRBの動向は必ずウォッチしなくてはなりません

 

2018年12月末のパウエル議長のハト派への豹変により、2019年に2回の利上げが予想されていたドットプロットが1回に、利下げの噂まで飛び出し、急落していた米国株価は2月まで10週間連続上昇という1995年以来の記録を打ち立てました。ベアマーケットが再びブルマーケットへと戻ったわけです。それに連れて108円台(フラッシュクラッシュによる105円台までの急落は除く)から112円台までドル安が進んだのは記憶に新しいところです。

 

しかし、2019年3月21日のFOMCでパウエル議長が2019年の利上げ回数を0回とし、バランスシート縮小策も9月に停止するというさらにドビッシュな発表を行い、ドル円は110円まで下落しました。

 

繰り返しになりますが、FEDの議長だけでなく理事の発言にも要注意です!

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!