Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ロンドン・フィキシング(ロンドン・フィックス)

英語ではLondon spot  fixです。元来は金・銀・プラチナ・パラディウムという貴金属のその日の価格を世界一の流通市場であるロンドンで決定する取引時間を指します。貴金属取引の決済通貨はドルであり、それを元に世界中の機関投資家が指標にしていその日の各通貨ペアのインターバンクレートが決定されます東京仲値のグローバル版といえば分かりやすいでしょうか。

 

ロンドン時間の16時、日本時間では翌日深夜1時(夏時間は深夜0時)に決定されることから、日本では「ロンドン4時為替」ともいわれています。日本では年金を中心とした機関投資家が重要な取引指標としています。

 

大量の為替(FX)取引が瞬時に行われ、16時(日本時間の翌日深夜1時、夏時間は深夜0時)直前から不穏な動きとなり、思わぬ上下変動が見られることも珍しくありません。概してロンドンフィックスは、日本から見れば外貨買いの動きになりやすい傾向があります。ドル円、クロス円が円安になるケースが多くなります

 

ただし、毎回こう動くとは限りません。機関投資家は月末にグローバルに、リバランスというポートフォリオの組入れ比率の調整をします。外貨資産がふくらんだ部分は円に戻す動きをしますので、通貨ペア次第では外貨売りの動きも多くなります

 

月末のロンドンフィックスは、外貨買いと決めつけて取引することは、やめたほうが賢明でしょう。特に、日本の投資家によるレパトリが想定される3月1日深夜のロンドンフィックスは、通常と異なり円高になるケースも多いので外貨買いは控えましょう!
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。