Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レパトリエーション/レパトリ


英語ではrepatriationで、そのまま日本語となりました。通称レパトリ。元々は移民の本国への送還や海外駐在員や戦闘員の本国への帰還という人間の海外から本国への送還、帰還を意味した言葉でした。それが転じてFXでは、海外資産の本国への回帰、送金を意味します

 

季節的には決算期末である欧米では12月、日本では3月にこのレパトリエーションが起こります。前者は外貨高、後者は円高要因となりますので、注意が必要です。

 

また、リスクオフの際には、海外に投資している資金を引き上げようという動きが起きるので、先進国通貨高かつエマージング通貨となります。先進国の金利上昇局面でも、資金の回帰が起こります。

 

2018年6月以降起きている新興国通貨安とドル高は、まさにこの二つが合わさった現象と言えるでしょう。リーマンショック以降10年に渡って続いた世界的な超低金利時代は、終わりを告げようとしています。FEDのみが金利を2%に引き上げたため(2018年6月)ドル高が進行中です。

 

今後、BOEECBも追随すると、ますます後進国から先進国へのレパトリが進行するでしょう。トルコリラなどのエマージングマーケット通貨をロングしている方は要注意です!

 

ところが、2018年末のFEDのパウエル議長のハト派転向後は、米中貿易摩擦の影響を受けた輸出国ドイツの景況感が悪化したことやイタリアのマイナス成長予想などからECBのドラギ委員長も利上げを2019年内には延期を行わないと発言、オーストラリアやニュージーランドも利下げもありうるなどと方向転換、2019年第一四半期には資金は再び新興国へと還流しています。

 

FXでは長くても数ヶ月しか予測できない、1年先のことなど誰もわからないという今井先生の言葉がしみてきますね。

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。