Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

45日ルール〜FX入門者から脱初心者向け用語集〜

機関投資家などのヘッジファンドの顧客がファンドに解約を申し出る場合に、ファンドの決算期末の45日前に解約を申し込まねばならないというルールを指す日本語です。英語には該当する言葉は見つかりませんでした。ファンドは運用成績を顧客に事前に報告する義務があります。その報告に基づき、顧客はファンドに決算期の45日前までに解約を申し込むという流れになります。解約理由はファンドの成績不振や将来の市場動向を踏まえてキャッシュポジションを増やそうとするなど様々です。

 

今井先生の解説にあるように11月末または12月末ががヘッジファンドの決算期だとすると、その45日前である10月半ばからファンドは解約資金のためにそのポートフォリオから選択した商品の現金化を進めることとなります。45日の期限直前に通達する投資家は少ないでしょうから、実際は2ヶ月前だと10月初旬から、通知後1週間から2週間で売却するとすると、11月下旬までが一番活発な換金期間と想定されます。ただし、クリスマス休暇前まで粘るファンドマネジャーもいることでしょう。

 

FXにおける影響としては、ヘッジファンドは米系が多いのでドル需要が増加し、レパトリにより円安ドル高になることとなります。しかし、翌年度の景気に対する不安が起きてリスクオフムードが強まると、リスク資産から現金への換金需要が強くなり大量の解約により株式が売られ、円高要因となります。特に日経225先物が解約対象となると先物主導で暴落し、円高が加速する可能性もありま

 

2018年10月下旬の世界同時株安が単なる調整なのか、それとも、今まで言われていた2020年ではなく2019年にはベア相場に陥るとみた投資家が解約に動いての換金売りによるもので暴落につながるのか、目が離せなくなっています。

 

単なるアノマリーかもしれませんが、10月中旬からクリスマス休暇前の12月中旬かけては換金売りにより相場が荒れてボラティリティが高まることを頭に入れて、ポジションは小さめに必ず逆指値注文を入れるようにしましょう!

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。