Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

約定率

英語ではexecutionです。日本語ではやくじょうと読みます。漢字そのままの約束して定めたことが本来の意味となります。そこから転じてFXでは。売買注文が確実に執行され、取引が成立することを指します。約定率は約定が表示された価格で実際に執行される確率を指します。

 

一度約定した取引はキャンセルすることができません。また、為替レートは常に変動するので、注文が成立しないこともよく起こります。反対に米国雇用統計などのイベント時に相場が大きく動くとスリップページが発生し、注文した価格と大きく乖離した価格で約定されることも頻繁に起こります

 

普段の取引でも、各社で1pips以下しか差がないスプレッドよりも本当のスリッップページ、表示された価格とどれだけ差がある価格で約定できるかということとと約定率、表示された価格で実際に約定できる確率がどれだけ高いかがFXでは重要だと今井先生はおっしゃられています。

 

そのため指定した価格で約定することが重要となってきます。ちなみに矢野経済研究所の調査ではマネーパートナーズがスリップページ発生率0ということで、9年連続1位となっているそうです。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。