Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボリンジャーバンド

英語ではBollinger band。テクニカル分析で使用する指標の一つです。移動平均線とともに用いられることが多いです。統計学でいうところの正規分布の概念で、この標準偏差(σ)が平均値からどれぐらい離れているかで表されます。

 

±1σに収まる確率 = 68.26% ±2σに収まる確率 = 95.44% ±3σに収まる確率 = 99.73%ということが証明されているので、平均値から+2σまで相場が上昇したら、そろそろピークなので、ここで買い注文を決済しよう、または売り注文でエントリーしようなどという使い方をします

 

ボラティリティの小さい安定したレンジ相場では上記のような逆張りが有効ですが、ボラティリティが急拡大している際には、レンジ相場からトレンド相場への移行が予測されます。そうした際に+2σの点で逆張りをしてブレイクが起きると、売り方の手仕舞い注文でブル相場の勢いが強まり急騰し大きな損失を出すことになるので気をつけましょう。そうした際には、確率的には4.56%でも順張りにかける方が良いことになるわけです。

 

他のオシレーター系の指標と組み合わせて使うなどの工夫が必要です。ボリンジャーバンドもあくまでも目安のひとつと考えてください。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。