Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ポートフォリオ

英語のportfolioがそのまま日本語になりました。分散投資の際の、現金、金、債券などのリスクの少ない安全資産と株、商品先物、FXなどリスクの高い危険資産の最適保有率のことです。

 

上記の取引市場がある商品だけでなく、不動産やアート、ワインなどもポートフォリオに組み込まれることがあるようです。

 

ポートフォリオは投資家自身によるものもあれば、ファンドマネジャーなどの金融のプロに任せるものもあります。また、子供の教育資金など様々な目的によりいくつものポートフォリオを組むことができますが、もちろん全て投資家のリスク許容度や目的、そして投資期間により異なってくることになります。

 

日本ではまだ株式市場に対して強気の意見が強いようですが、アメリカではシティやゴールドマンなどリーマンショックから10年続くブル相場に対して警戒を取るように呼びかけているようです。つまり現金などの安全資産の割合を増やすようなポートフォリオが2018年以降は推奨されているようです。

 

アメリカでは引退間近な場合は、現金や債券などの安全資産の比重を大きくし、入社仕立ての頃は株などのリスク資産の大きくするのが通常のようですが、日本は投資家教育というものが存在しないので、あまりルールというものは無いように思えますね。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。