Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

米国雇用統計

英語ではCurrent Employment Statistics。アメリカ労働省の統計期間により通常毎週金曜日に発表される米国のみならず世界で最も注目される経済指標です。失業率、労働時間、賃金など雇用に関する様々な指標が発表されます。。

 

このうちFX市場で最も大事な指標は非農業部門雇用者数です。農業以外の職業への従事者がどの程度職につけているかを示すもので、前月比の変動数に注目が集まります。最近は完全雇用に近づいているためインフレへの関心が強く、非農業部門時間当たり賃金が注目されています。通常は市場予測よりよければドル高、悪ければドル安となります。

 

しかし、市場は色々な解釈をするので、非農業部門雇用者数の伸び率が高くドルが上昇したと思ったら、その後の失業率が悪かったので下落するなど乱高下することが多いので気をつけましょう。特にセオリーと逆のご自分の予想と異なる動きをして熱くなると高値買い、その後下がって底値売りとかにもなりかねません。発表からしばらく経ってトレンドが見えてきてから動くことをオススメします。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。