Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファンドマネジャー

英語のfund managerがそのまま日本語となりました。生命保険、投資信託、信託銀行などの投資運用会社に勤務、または独立したファンドに属し、投資家から集めた資金を運用する投資のプロのことです。委任されたファンドの投資戦略を決定し、ポートフォリオを組み、管理することで収益を上げることが求められます。市場環境をウォッチしながら、安全資産を増やす、減らすなどと、ポートフォリオは常に組み替えることが必要となります。

 

ファンドは1人で運用される場合もあれば、複数人によるグループで運用されることもあります。ファンドの成績によりその報酬が決まる実力主義の世界です。このように説明すると一匹狼的なイメージを持たれてしまうかもしれませんが、属する会社のストラテジストやエコノミストアナリストの意見や事業会社の企画部門や広報部門からの情報も参考にしてポートフォリオを組むことになるので、コミュニケーション力はやはり必要なようです。

 

高い運用成績を期待されるので、MBAホルダーが多く、高度な専門性や金融分野での経験が必要とされています。。CFA(charterd finaincial analyst、日本では証券アナリスト)資格を取得し、アナリストなどの調査部門や金融商品開発などの部門での経験を経て、アシスタントとしてある程度のファンドの運用を任され、才能があると認められて初めてファンドマネジャーとなれます。そして、その才能が認められれば、独立して自分のファンドを持つことが夢ではありません。

 

近年は報酬だけでなく人気も過去の実績により左右されるようになってきたようです。投信販売の際に有名ファンドマネジャーの名前が使われるなど、金融界だけでなく一般にもその存在は知られるようになってきています
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。