Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX ピラミディング

英語の pyramidingがそのまま日本語となりました。古代エジプトのピラミッドからきた言葉です。トレンド相場の際に上昇した時点で買い増し(ブル相場の場合、ベア相場なら下落した時点で売り増し)を行うことです。日本語では買い増しとも呼ばれています。利益を増やし、同時に、逆指値ポイントを上げる(ブル相場の場合、ベア相場なら下げる)ことでリスクを減らす手法です。ナンピンの逆の手法となるので、FXでは有効な戦略とされています。

 

今井先生が詳しく解説されていますが、例えば1ドル=120円で売りで2万通貨でエントリーし、121.5円を逆指値注文を置き、115円をエグジットポイントにしたとしましょう。その後相場は想定通りに下がり118円になりました。この時に最初のポジションの半分の1万通貨を売り増し、それと同時に、逆指値注文を120円に下げたとします。これがピラミッディングです。

 

相場がその後115円になったとすると、当初の2万通貨分✖️500pipsである1000pipsの利益に300pipsの利益が追加されることになります。反対にその後相場が反転し120円に戻ったとしても、最初のポジションはプラスマイナスゼロですが、後から取ったポジションの200pipsの利益は獲得できることになります。

 

つまり、ピラミディングは理論上はローリスク・ハイリターンとなるわけです。しかし、アベノミクスのような分かりやすいトレンド相場であることと、逆指値ポイントをずらすことを忘れないことが成功の必須条件であり、必ず儲かるわけではありませんので、念のため。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。