Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トルコリラ

英語ではTurkish Lira。トルコ共和国の通貨で2009年に新トルコリラから現在のトルコリラという元の名称に戻りました。 高いスワップ金利を狙う個人投資家の間で、南アフリカランドに代わり、非常に人気となっています。その理由は、2017年12月に0.5%利上げを実施し12.75%という高金利となり、当時6.75%だった南アフリカランドの2倍近い高金利となったためです。その高金利を宣伝するFXサイトも多くスワップトレードを好むミセスワタナベの参入が増えたわけでた。しかし、X君が噂で聞いたように、多くの方が損失を出してしまったようです。

 

現在のトルコは、多額の債務残高を抱え、10%以上もの高インフレと高金利が続いています。地政学リスクも、ISの主要拠点が殲滅されたとはいえ未だに内戦状態にあるシリアやイラクと隣接し、両国在住のクルド人の力が強まりその独立問題がさらに激化しているなど、改善される見通しはありません

 

さらに、アメリカの金利が2%に引き上げられ、欧州でもテーパリングが進みQEの終結を議論しており、今後はエマージング市場に流れた資金は先進国に還流する(レパトリエーション)と予想されます。いくら金利が17.75%にまで引き上げられたといっても、逆に考えると、トルコ政府がそれだけ金利を上げざるを得ない上記のような状況であることを認めたということです。スタグフレーションに陥る可能性が出てきているということです。

 

トルコリラの購入は、なくなってしまっても問題のない、本当の余裕資金のみで行うように注意しましょう!
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。