Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

適温相場(ゴロディロックス相場)

英語ではGoldilocks economyという言い方が多いようです。たまに見受けられるGoldilocks marketという言葉をそのまま日本語にしたゴルディロックス相場とも呼ばれています

 

「3匹のくま」という童話に出てくるゴルディロックスという金髪の少女が3匹の熊に出会います(ちなみに元々の話では主人公は老婆だったのが、子供に好かれる少女に変化していき、ゴルディロックスという名前をあてがわれたのは1918年ということです)3匹はそれぞれのポリッジという朝食に出てくるシリアル、椅子、ベッドを持っていました。その3種類のポリッジのうち、少女が熱すぎず、冷たすぎない、ちょうどいい熱さのポリッジを選んだということから生まれたのがゴルディロックスの法則(英語ではGoldilocks principle)です。

 

複雑すぎてもダメで簡単すぎてもイケない、ちょうどいいのが一番という意味で、パレートの法則同様に、心理学、天文学、経済学などで多くの分野で事例が挙げられています

 

Goldilocks economyはこの童話から、熱すぎず、冷たすぎもしない、低インフレで適度な経済成長を伴った市場に優しい経済状況を指しています。そこから転じて、適温相場は損失を与えるような大きは変動はなく、バブルのように過熱することもなく、投資家に小さいが着実な収益を与える適度な成長を伴った市場のことを意味するようです。

 

適温経済においては、市場はリスクオンとなり、資金は安全資産からリスク資産へ、先進国からエマージングマーケットへと流れていきます。リーマンショック後の2009年から2017年まで続いた適温相場は、2018年2月の米国株の暴落で遂に終わりを告げたのかという声が上がり始めました。そのため、2018年はボラティリティの高い相場になっていますので、初心者の方は気をつけましょう!
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。