FX 追証 脱初心者おすすめ用語比較集【FX常勝方程式】

英語ではmargin callといいますがそのまま日本語でもマージンコールとも呼ばれることもあるようです。追加保証金の略語です。言葉の意味通り、相場の変動等により基準額を下回った場合に、追加しなくてはならない証拠(保証)金のことを指します。

 

追証のイメージ
追証のイメージ

 

例えば10万円の保証金を元にレバレッジ5倍で50万円のFX取引を始めるとします。見通しの誤りで証拠金が減少し、証券会社に預けている委託証拠金維持率が50%である25万円を下回ると、追証が必要となります。これが従来のルールでした、しかし、スイスフランショックにより強制ロスカットされた上にさらなる損失をFX会社に払えない個人投資家が続出し、その後は口座の証拠金維持率を 100%に定めたFX会社が多いようです。

 

追証が発生した場合は、証拠金基準額に必要な資金を追加するまたはポジションを決済するという2つの方法があります。前者は取引を続けることになるのでリスク選好、後者はそこで損失を出してしまうリスク回避の取引となります。いずれにしろ、良い状況とはいえません。

 

FX入門者や初心者の方は特に、レバレッジを2〜3倍、多くても5倍に抑えましょう。証拠金や強制ロスカットの用語解説で例を挙げておきましたが、25倍などにしていると、追証どころかあっという間に強制ロスカットになってしまいますので。

 

また、追証が発生しないように常にポジションは小さめで、エントリー後にはストップロスオーダーは必ず入れることを習慣化しましょう!

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。