Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スリップページ(スリッページ)

英語ではslippageで日本語でもそのままスリップページと呼ばれています。滑るという意味の英語のslipに由来します。ネイティブ発音に近く、スリッページとも呼ばれているようです。相場のボラティリティが大きい際などに成行注文で出したレートと実際の約定レートのズレをさします。逆指値注文が成立時に生じる指値と実際の約定レートの差も含まれます

 

通常成り行き注文でオーダーを出す際に0.1pipsなどと指定してオーダーを出すわけですが、スリップページが0.1pipsより大きいと約定されません。そこで1pipsなどに大きくすることになるわけですが、これでは投資家にとって不利な価格での約定となります。そのため、1pips以下の差しかない各FX会社が数字を競っているスプレッドなどよりも約定率の安定=実際のスリップページが一番重要だと今井先生はおっしゃっているわけです。

 

ストップロスオーダー発生時などには相場が大きく動いているため、成行注文のような状況となり、指定した指値で約定されないことも珍しくなりません。相場の変動が大きければ大きいほど、スリッページは大きくなります。損切り注文の際は想定より損失が大きくなりますが、反対に利益確定注文の場合は利益が大きくなります

 

例えばアメリカの雇用統計の発表前に1ドル=100円だったとしましょう。逆指値を上は101円、下は99円に入れていたとします。想定外の結果により発表後についた最初の価格が101.23円とすると、約定価格は101円ではなく101.23円となるということです。この23銭がスリップページです。

 

このスリッページはFX証券会社により異なるので、以前はスリッページを操作していない良心的な会社を選ぶ必要がありました。近年は顧客からのクレームにより以前よりそうしたことは少なくなってきているようですが、FX証券会社を選ぶ際に評判を調べるのもありかもしれませんね。雇用統計などはそれほど差が無いでしょうが、先日のトルコリラ急落の際にはFX会社によってスリッページに大きな差がついたそうです。リーマンショックなどの歴史的事件が起きた際には大きな差がつく可能性がありますから。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。