Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ステルス・テーパリング

英語ではstealth repatoriationで、そのまま日本語になりました。ステルスはレーダーに捕捉されないステルス戦闘機で有名になったステルスのことで、隠れて、こっそりとという意味です。テーパリングはすでに解説済みです。

 

つまり、中央銀行が公式の発表をせずにひそかにQEの縮小を行うことです。日銀は2018年7月31日の金融政策会合でQEを続けると発表しましたが、実はすでにステルス・テーパリングを実施しているという噂が上がっています。その根拠は、過去に為替操作国に認定された歴史があり、円高への為替介入を行ってきた実績を持つ日本が、同じ同盟国であり、為替介入は行わない姿勢で知られるEUが、中国と共に為替操作国としてトランプ大統領に批判されたにもかかわらず日本がされなかったのは9月の自民党総裁選に臨む安倍首相を慮ってのものだというものです。ETF買入政策では買入額の減少に動いているとの見方もあります。

 

もし本当だとすると、円高要因となるわけですので、ミセスワタナベも注目すべき用語となってきました。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。