Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジャクソンホール会議

英語ではJackson Hole Economic Policy Symposiumです。毎年8月後半にFRBを構成する12の連邦準備銀行の一つであるカンザズ・シティ連銀が開催する経済政策シンポジウムのことです。ちなみに、カンザス・シティはカンザス州にもまたがっていますが主要部分はミザーリ州に属し、カンザズ・シティ連銀もミズーリ州に本拠を構えています。そして、開催地のジャクソンホールがワイオミング州であるのは、前述の二つの州やコロラド州などと並んでワイオミング州もカンザズ・シティ連銀の管轄地の一つであるためです。また、英語をよく読めば気づかれると思いますが、ジャクソンホールはニューヨークの音楽の殿堂であるカーネギーホールのようにカーネギー氏の名を冠した多目的ホールではなく、地名です。色々と紛らわしいですよね。

 

この会議には、FRBのメンバーだけでなく、ECBBOE、日銀など主要国の中央銀行の総裁や副総裁、著名なエコノミストや市場関係者が出席する非常に重要なイベントです。世界経済動向や金融政策について話し合いが行われ、特に FRB総裁を筆頭に主要国中央銀行総裁の講演が注目されます。最近では2016年のイエレン議長の発言をタカ派への変節と市場が解釈し、相場が動くこともありました。18年のパウエル議長の講演は穏やかな利上げの継続というもので市場へのインパクトは軽微でした。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。